みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >「秋のヘッドフォン祭2015」で気にな…

「秋のヘッドフォン祭2015」で気になったヘッドフォンBEST10(2015.11.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

HH001

■Introduction

今年も「秋のヘッドフォン祭」が終わり、冬の訪れを感じる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。ということで、ヘッドフォン祭のレポートをお届けする。例によって長くなったので、ヘッドフォン編とヘッドフォンアンプ編に分割。今回のイメージキャラクターはFitEarでお馴染みの坂本萌音(冬服バージョン)である。そして手にしているイヤフォンは同社初のハイブリッドモデル『FitEar Air』なのだ。この記念すべきモデルからスタートして、私は音場感重視派なので、自然と平面型と静電型の多い製品紹介となった。とにかく1人で回っているので2日間取材したが、全く見ていないブースもあり残念無念。個人的には4日間ぐらい開催して欲しいなあ~

■Report

◎『FitEar Air』発表会で須山社長お約束のケーブル忘れる事件発生!

中野サンプラザチャペルでおこなわれたFitEar新製品発表会では、まさかのいや例年お約束のプレゼン用MacBookとプロジェクターを接続するケーブルを忘れる案件が発生。途中までは映像資料なしで発表会が進行された。『FitEar Air』(実勢価格約13万5000円)については実機による試聴記事を書く予定で、音質はそちらで詳しく説明したい。ポイントはダイナミック型+BA型ハイブリッドで、フルレンジ+ツイーターという構成。これにより、ほぼダイナミック型1発のカスタムイヤモニを実現。さらにカスタムイヤモニのダイナミック型に欠かせないベントと呼ばれる穴を不要にしたショートレッグシェル構造を採用、モバイル用として高い遮音性を確保している。ダイナミック型ドライバーはフォステクスより提供を受けており、フィスプレートにオレンジがあるのは同社に対するリスペクトを現している。従来モニター用を主軸にしていたFitEarシリーズだが、『FitEar Air』は初の音楽鑑賞専用モデルとしても注目のイヤモニである。

HH002

調達したケーブルで接続するが、正しく画面が表示されず絶体絶命のピンチ!

HH003

ダイナミック型とのハイブリッドでは、必要悪のベントが問題になるという

1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。