人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.06

老眼や近視の視力回復は目薬でもできる?

老眼・近視の人に朗報だ。価格が高いレーシック手術をせずに、目薬だけで見やすくなることがあるという。眼科で処方される“ムチン”を活用した目薬がそれだ。老眼・近視の視力回復は本当に可能なのか? その仕組みを探ってみた。

老眼・近視の視力回復は目薬でもできるって本当!?

■老眼・近視で視力が落ちる

 光を捉えるのに欠かせない角膜と水晶体はレンズの効果を発揮し、眼球の奥にある網膜に焦点を合わせることで、ものの像が見えてくる。水晶体の周りには小さな筋肉があり、水晶体の厚みを変えることができる。それで焦点距離を調節し、近くのものも遠いものも見えるようになるのだ。

 老眼・近視とは焦点距離がズレることで、ものがぼやけて見えてしまう現象だ。特に老眼は加齢により調節機能が衰えた状態だとされている。

 治療には補正の眼鏡やコンタクトレンズの着用があるが、そのほかに角膜のカーブを外科的に変えて屈折異常を矯正する、レーシック手術などの外科治療も最近ではポピュラーになっている。また、目のトレーニングにより視力回復を図る治療法も充実している。

 だが、意外と知られていないのが、ドライアイによる視力低下だ。老眼・近視のためと思われていたかすれ目などが、実はドライアイの併発が起因しているケースがあるという。

老眼・近視の視力回復は目薬でもできるって本当!?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ