みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >カチカチにハマる中華ハイレゾプレー…

カチカチにハマる中華ハイレゾプレーヤーSHANLING『M3』(2015.07.08)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カチカチにハマる中華ハイレゾプレーヤーSHANLING『M3』

■Introduction

Apple Musicの3ヵ月無料トライアルが遂にスタート! そんなタイミングで皆さんいかががお過ごしかな? 私はカチカチとカリカリにハマっている。ハイレゾプレーヤーのインターフェイスはダイレクトボタンから、十字キー、そしてタッチパネルへと進化を遂げた。もちろんスマホもタブレットもタッチ、タップ、スワイプである。しかし、ほんとうにそれでいいのか! 画面上に現れたバーチャルボタンにタッチするだけで。そんな二次元インターフェイスに嫌気がさした私に物理ダイヤルの素晴らしさを再確認させてくれたのが、SHANLING『M3』である。SHANLINGは中国のオーディオメーカーで、製品の開発、製造、販売まで手掛けている。スピーカー、アンプ、CDプレーヤー、真空管方式のCDプレーヤーなど幅広い製品を揃えている。同社が初めて作ったハイレゾプレーヤーが『M3』なのだ。アルミ合金から削り出したボディには、ボリュームコントロールとジョイスティックを兼ねたダイヤル式のインターフェイスを搭載している。これを十字キーのよう上下左右にカチカチ動かし、ダイヤルをカリカリ回すと気持ちいい!

■Design

『M3』はDACにCirrus LogicのCS4398を採用、つまり、あのAstell&Kern『AK240』と同じである。2個は使ってないけどね。「1つで十分ですよ、分かって下さいよ~」それで、オペアンプはAnalogue Devices「AD8610+BUF634」である。これもポータブルアンプで使われている高性能アンプとバッファの組み合わせとなる。最大192kHz/24bit対応で、192kHzへのアップサンプリング機能もある。メモリは内蔵8GB、128GBまでのSDXCカード対応。2A対応の充電器なら約6時間充電、再生時間10時間以上、出力300mW(32Ω)、対応インピーダンス16~300Ω。サイズは幅69×高さ21×奥行き125.5mm、約220gとかなり大柄のプレーヤーである。

インターフェイスのカチカチとカリカリ、そしてその音質に惚れ込んだのがカスタムイヤモニ「FitEar」を作っている須山歯研 代表取締役 須山慶太氏である。なんと萌音のグラフィックを使ったオリジナルのファームウエアを開発。それだけはなく「フジヤエービック」で数量限定モニター販売まで開始したのだ。これで日本国内で『M3』が購入できるようになった。ちなみに萌音ファームウエアは自己責任においてインストールするのだが、これを入れなければ『M3』を使う楽しみが半減するので、速攻で入れて欲しい。私は『FitEar Monet』のユーザーなので『M3』はマストアイテムなのだ。さらにVanNuysからM3用タテ型キャリングケースも登場した。

1 2 3 4 5 6 7 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。