小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エンジンの最大回転数は10000rpm!ランボルギーニが「ウラカン」の後継となるHPEVモデルに搭載予定のエンジンを発表

2024.06.02

ランボルギーニは、ウラカン後継モデルとなるHPEV(ハイパフォーマンスEV)モデルについて、搭載予定エンジンを明らかにした。

コードネーム「Lamborghini 634」は、ウラカン後継モデルとして新しくHPEV(ハイパフォーマンスEV)のラインアップに加わり、V8ツインターボエンジンとハイブリッドシステムを搭載予定。ハイブリッドシステムはレヴエルトで初登場したもので、3つのモーターと8速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたシステムが新型モデル用に最適化される。

最大エンジン回転数は10,000rpmに達する

この新しいエンジンは、ランボルギーニが1から新しく設計したもので、現行のウラカンを超えるパフォーマンスと走りを目指している。そしてこのV8ツインターボエンジンは、ランボルギーニのV10エンジンを世に知らしめた高いリニアリティと新世代ターボエンジンの高出力・高トルクを併せ持っている。

新型V8ツインターボエンジンは、排気量4.0Lで、リッターあたり200PSの出力を誇る。内燃エンジンの最高出力は800PS/9,000~9,750rpmを発揮し、最大エンジン回転数は通常レースエンジンでなければ見られない10,000rpmに達する。この性能のおかげで、新型エンジンは公道を走行するスーパースポーツカーの中でも特別な存在となっている。最大トルクも730Nm/4,000~7,000rpmで、電動ユニットとエンジンが完璧に統合し、レースエンジンにも匹敵する高揚感のある出力の盛り上がりを実現している。

さらに新型V8に併せて設計・開発したリア配置の電動システムは、エンジンとデュアルクラッチトランスミッションの間に置かれ、インバーターとアキシャルモーターを備える。サイズと重量をコンパクトに抑えながら、3,500rpmで最大300Nmと110kWと、高い出力とトルクを引き出すことができる。

今回の設計プロセスで、もう1つの極めて重要な要素がサウンドで、新しいパワープラントに唯一無二の際立った個性を持たせ、ドライバーに比類ないドライビング体験をもたらすエンジンサウンドを奏でる。この新型V8のサウンドはクレッシェンドしながら、高回転で音量と周波数がピークに達する。そして、フラットプレーン・クランクシャフトがシャシーに伝える振動と相まって、全身を包み込む感覚体験を生み出す。

このコードネーム「Lamborghini 634」は、2024年の発売を予定している。これは、2023年のレヴエルトの登場に始まり、2024年4 月のウルスSEの発表に続くランボルギーニの全モデルを段階的に電動化へと進める「コル・タウリ(Direzione Cor Tauri)」戦略の新たなランドマークを示している。

関連情報:https://www.lamborghini.com/jp-en

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。