小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

円安なのにお買い得!?実用性も高いシボレー「カマロ LT RS」の魅力

2024.05.25

 アメリカ車のスポーツクーペといえば、フォード「マスタング」とシボレー「カマロ」だった。しかし、フォードは2017年に日本市場から撤退。カタログだけが継続し、日本市場に車両を提供してきた。だが、その「カマロ」も2024年1月で生産が終了した、ということで、日本では「カマロ」の「FINAL EDITION」と最終モデルの「SS」「LT RS」が発売された。

 アメリカンスポーツといえば、V8の大排気量も魅力だが「カマロ」は現行モデルの6代目になった時から、直4、2.0Lターボモデルが加わっている。このモデルだが実は、軽快なスポーツクーペとして〝知る人ぞ知る〟モデルなのだ。それは動力性能だけでなく、車両本体価格も668万円と、国産の高級スポーツセダンより低価格で購入できるようになっている。

 6代目の「カマロ」は2015年に日本市場に登場。2ドアのボディサイズは全長4785mm、全幅1345mm、ホイールベース2810mmなので、国産車だとちょっと幅広のレクサス「RC」クラスぐらい。左ハンドルだが、日本の道でももて余すほどではない。

 パワーユニットは新たに搭載された直4、2.0LのガソリンターボとV8、OHV、6.2Lの2本立て。2.0Lは275PS、400Nm。V8は453PS、617Nmという性能だ。変速機は2.0Lが8速AT、V8は10速ATが組み合わされている。

 ボディタイプは2.0Lにクーペとコンバーチブル。V8はクーペのみの構成だった。試乗したのはクーペの2.0Lターボだが、実車を見ると、これが668万円とは信じられない感じがした。「カマロ」は2015年に登場し、20周年にマイナーチェンジを受け、フロントデザインを刷新している。

 装備に関しては、8インチディスプレイのナビゲーション、BOSEの9スピーカーオーディオやリアビューカメラなどを含む11項目の安全装備、クルーズコントロール、スポーツサス、スポーツシートなどすべてが標準装備されている。これで600万円台なのだから、スポーツモデルファンには買い徳感のある価格といえる。低めの着座位置のシートに座るとAピラーの角度がやや急傾斜なので、若干、圧迫感のあるコクピットだ。ドライビングモードは、ツーリング/スポーツ/雪・凍結路の3モードが用意されている。

 ツーリングを選択して走り出す。直4、2.0Lターボはアクセル・オンと同時に、低回転トルクが立ち上がる。8速ATは低回転でシフトアップを続け、7速1300回転、60km/hでもクルーズする。しかもこの時、コースティングするように、抵抗なく走るので、国道を流すようなシーンでは、リッター15km以上の燃費も実現可能だ。

 高速の100km/h巡航は8速1600回転、7速2100、6速で2500回転。2.0Lエンジンは2500回転以上で、うなり音が大きくなるので、高速巡航での静粛性はかなり高いといえる。スポーツサスが標準の乗り心地は、ツーリングモードでも低速域では路面のザラつきや細かい上下動があり、車速を高めてもゴツゴツ感とやや大きめの上下動は変わらない。スポーツモードに切り替えるとゴツゴツした動きは、上下動の振幅も短くない。安定感が増してくる。

 高速道路での巡航時はスポーツモードを選択した。ちなみに装着していたタイヤはグッドイヤーの「イーグルF1オールシーズン」で245/40R20だった。直4、2.0Lターボのもうひとつの顔は0→100km/h加速を計測してからだった。0→100km/hは6秒台で走り切り、直4エンジンは5000回転プラスまでスムーズに上昇する。

 5000回転まで各ギアで回すと、1速40km/h、2速65km/h、3速で100km/hに達した。この時、スポーツモードを選択していれば、操航力はかなり重く、コーナーでの切り込みは真剣にハンドルを抑えこまなければならなかった。この操航力とロールの小ささは、スポーツカーだ。

 シボレーは、モータースポーツのレース部門があり、米国だけでなくレースに出場している。そのノウハウが「カマロ」にも生かされている。とはいえ、アメリカの量産モデルである以上、実用性も求められる。

 今回の試乗で驚いたのは、リアのトランクにゴルフバッグが2セット、斜めに収納できたこと。多少強引ではあったが、2人でゴルフに行くこともできるスポーツクーペは、欧州車にはほとんどなく、さすがアメリカ車だ。プラス2のリアシートは、前席用のシートベルトと格闘して、ようやく座れるが、頭上のスペースはミニマム、身長150cmまでのプラス2シートだ。それでもラッキーなのは、リアウインドウは、頭上ではなく、後方に位置しているので、日焼けに関しては安心ということ。

 デビューしてから認知度は低かったが、シボレー「カマロLT RS」は、2.0Lターボエンジンのスポーツ度と、車両本体価格の買い得感で記憶に残るモデルだ。ちなみに「カマロ」の次期モデルは、すぐにではないが、いずれ発表されるはずだ。

■関連情報
https://www.chevroletjapan.com/camaro

文/石川真禧照 撮影/萩原文博

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。