小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20周年を迎えた「マクラーレン・テクノロジー・センター」の秘密

2024.05.20

2024年5月12日、マクラーレン・テクノロジー・センター(MTC) が20周年を迎えた。その20周年にちなんで、MTCの20の秘密が公表された。

このMTCは、英国人建築家であるノーマン・フォスター氏が設計した施設で、マクラーレン・オートモーティブとマクラーレン・レーシングの本拠地になっている。車両はすべて2011年に新設された「マクラーレン・プロダクション・センター(MPC)」にて組み立てられている。

マクラーレン・テクノロジー・センター20の秘密

1:湖を湛える3,000万リットル以上もの水は、熱交換器に送られ、建物の冷却と風洞から発生する放熱に使用されている。

2:建物の寸法に合わせてタイルをカットする必要がないよう、事前に建物の寸法は正確に計測され、完璧にフィットするように設計されている。

3:建物のファサードを支えるブレードデザインは、F1マシンのサスペンション・ウィッシュボーンからヒントを得ている。

4:料理の匂いを抑えるために、施設内のレストランの気圧は、やや低めに設定されている。

5:50ヘクタールの敷地には10万本以上の樹木や低木、そして5つある駐車場にはそれぞれ14,000本以上の植物が植えられている。

6:キャンパスが建設された土地には、もともとダチョウ牧場と鉄道模型があった。

7:MTCを建設する際、30万立方メートル以上の土が取り除かれ、その土はすべて敷地内に再分配され、再利用されている。

8:俯瞰でみると、MTCと湖は一つのきれいな円を描いている。

9:近未来的な外観を呈するMTCは、映画「ワイルド・スピード」シリーズ ホブス&ショーをはじめ、数々の賞を受賞した映画やTV番組のセットとして使用されている。

10:約43,000平方メートルのガラスが使用されている。

11:MTCの建設には200万時間もの時間が費やされた。

12:川と湖には、11種のトンボが生息している。

13:建物のメインフレームは、ボーイング747型機が9機入るほどの大きさ。

14:建物は、厚さ1メートル、深さ27メートルのスラリー壁で囲まれており、これを掘削するには、世界に3台しかない特殊なバックホー掘削機をアメリカから輸送した。

15:夏の晴れた日には、約350匹の蝶を、またマクラーレン・パークでは、毎年25種類以上の様々な生物を確認することが可能。

16:コンセプトは、90%がNASA、10%がディズニー。

17:MTCキャンパスの植物は、毎年100トンの炭素を吸収・回収している。

18:湖には、当初飼われていた鯉よりもさらに大きな「マクラーレン・ブレッド」という鯉が生息している。

19:ビルのファサード(正面)にあるガラス製のエレベーターは、ピストンからのインスピレーション。

20:世界的建築家ノーマン・フォスター(フォスター・アンド・パートナーズ)が設計を担当。彼は、ロンドンのウェンブリー・スタジアム、ガーキン(サーティ・セント・メリー・アクス)、香港空港、そして東京のセンチュリー・タワーも手掛けた。

関連情報:https://cars.mclaren.com/jp-ja

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。