人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.18

結婚しても働き続けたい?働く女性の理想と現実

 恋も仕事も大切にしたいという女性が増えている。そんな働く女性の大きな転機結婚。結婚をきっかけに、仕事をどうしようか、一度は考えたことがあるのではないだろうか。株式会社A.T.bridesは、同社が運営する「すぐ婚navi」にて、女性の働き方に関する調査を行なった。

Q1.働く女性の結婚後の理想は?

.働く女性の結婚後の理想は?
1位:正社員 49.1%
2位:パート・アルバイト 35.1%
3位:専業主婦 10.2% 4位:契約・派遣社員 4.3%

 半数の方が正社員のまま、仕事を続けたいという結果に。理由は主に3つ。

◎キャリアアップ
「仕事にやりがいを感じるから」(30代前半)
「しっかり責任を持って働くことで自分自身のスキルアップや成長に繋がる」(20代前半)

◎金銭的な理由
「安定した収入があったほうが安心だから」(20代前半)
「二馬力のほうが生活にゆとりがもてるから」(20代後半)

◎自由でいたい
「趣味にお金がかかるから、自分が稼いだお金で使いたい」(30代前半)
「家にいるより、外に出ている方が好きなので」(20代前半)

 また、「今の職場は希望休みもしっかりとれ、ほとんど残業がないため、結婚して子供が出来ても子供の用事の都合もつけられるので、今の仕事を続けていたい」(30代後半)と現在の職場の環境に安心感をもち、そのまま続けることができるという理由もあった。反面、正社員以外の就業スタイルを選択した人からはこんな理由も。

◎家事と仕事の両立
「家事とフルタイムの仕事の両立が不安」(20代後半/パート・アルバイト希望)
「現在正社員で同棲中だが、家事が疎かになっている部分があるため、結婚したらそれなりに家事に専念したいから」(20代前半/パート・アルバイト希望)

◎憧れの専業主婦
「専業主婦が夢だから(ハート)」(20代前半/専業主婦希望)
「専業主婦で旦那さんをサポートしたい♪」(20代後半/専業主婦希望)

また、「働くのが疲れた」(30代前半)という声も。

 それでは、実際の先輩はどうなのか? まずは結婚をされていて、子どもがいない人の働き方から見てみると……。

Q2.現在の就業スタイルはどれにあてはまりますか?(子どもがいない人)

現在の就業スタイルはどれにあてはまりますか?(子どもがいない人)
1位:正社員 61.9%
2位:専業主婦 15.8%
3位:パート・アルバイト 15.6%
4位:契約・派遣社員 5.5%

 働く女性の理想どおり、半数が正社員を続けていることが明らかに。そのまま就業スタイルを変えなかった人の声も、結婚前の働く女性と同意見が多かった。

◎キャリアアップ
「その仕事につくことが夢だったから」(20代前半)
「勉強してやっと手にいれた特殊資格。キャリアを重ねるごとに結婚したからって手放すのが悔しい?惜しく感じてきた」(30代前半)

◎金銭的な理由
「旦那さんの給料が多くないので、共働きじゃないと生活できないため」(30代前半)
「共働きの方が金銭的に生活にゆとりができるから。やっぱりお金は大事です」(30代前半)

◎自由でいたい
「ずっと家にいたら耐えられないから!」(30代前半)
 また、「結婚前は残業が多く大変だったので、結婚後転職し、残業なしのところに就職しなおしました」(30代前半)「遠距離恋愛だったので、夫の勤務地に転職しました」(20代後半)と、結婚に伴い働きやすい職場に転職をする人も。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ