人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

好きなヒップと好かれるヒップ、男女で異なる理想形

2016.02.07

 バスト、ウエストと並んで、プロポーションのポイントとしてあげられるヒップ。おしり”“臀部(でんぶ)とも呼ばれるこの部位をどう捉え、どのように接していているのか? 株式会社ワコールでは、男女を対象に「ヒップに関する意識調査」を実施した。調査の結果、6割以上の女性は自分のヒップを正面から見たことがなく、また、男性は女性のヒップを気にしているにもかかわらず、女性は自分のヒップに対して関心が低く、手間やお金をかけていないことが明らかになった。

一方、女性は、理想とするヒップが「上向き・ヒップアップ」で、ヒップがきれいに見えるなら、「ガードルのチカラを借りたい」と思っている。見過ごされているヒップをきれいに見せることに、女子力アップのヒントが隠されているかもしれない。

直視しない?できない? したくない?自分のヒップ

ヒップに関する意識調査

  自分のヒップを正面から見たことがあると答えた女性は37.6%。つまり6割以上の女性が見たことがないという結果に。自分のヒップへの関心の低さが伺える。

見られているのに磨けていない? 女性のヒップへの意識が低い現状

  男性が気にしている女性のパーツは、1位のに続き、2バスト3ヒップであったが、一方で、実際に女性が手間暇掛けているパーツは周辺に集中していることが判明。特にヒップと回答した女性は8.7%と、男性から注目されているにもかかわらず、女性のヒップに対する意識が低いことがわかった。

ヒップに関する意識調査

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。