小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

週末は涙活を!ガチで泣きたい人におすすめのSF、ノンフィクション、お下劣マンガ5選

2023.11.10

2023年も残すところあと2か月。
ということは、年末年始の休暇シーズンもやってくるということ。今回は、そんな日常の忙しさを離れた時にこそ読みたい本をDIME編集部員がピックアップ。ビジネス書あり、マンガあり、ウルトラニッチなジャンルありと、役に立つかはわかりませんが、編集部員の個性の爆発をお楽しみください。

謎を解くべく宇宙へ飛び立った男が、単身で人類を救うミッションに挑む

プロジェクト・ヘイル・メアリープロジェクト・ヘイル・メアリー

著/アンディ・ウィアー 訳/小野田和子
早川書房 1980円(上巻・下巻1980円

ヘイル・メアリーとは「こんにちは聖母マリア」の意で、アメフトで試合終盤に投げる逆転狙いのヤケクソロングパスのこと。作中では人類を救うべく一縷の望みとともに主人公が押し込められた宇宙船の名である。本格SFながらも笑いあり、結末は絶対泣きます。

3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描いた感動の数学ノンフィクション

フェルマーの最終定理フェルマーの最終定理

著/サイモン・シン 訳/青木 薫
新潮文庫 1045円

17世紀フランスの裁判官で数学オタクのフェルマーの趣味は「難問を作ること」。彼が遺したひとつの数式を巡って、世界中の数学者vsフェルマーの戦いが300年にわたり繰り広げられます。そこには日本人の姿も。数学がわからなくても、アツいドラマに泣きます。

革新的なゲーム機をプロデュースした岩田聡氏の価値観や理念などを凝縮

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。

編/ほぼ日刊イトイ新聞
ほぼ日 1870円

2015年7月に亡くなった、任天堂の元社長・岩田聡さん。誰よりもゲームに真摯に生き、チームや会社を気にかけた彼を、仲間や友人が思い出とともに振り返ります。〈岩田さん。わたしたちはその名前を、つい、呼びたくなります〉(同書より)。絶対泣きます。

ヌキすぎて昇天した主人公は異世界に勇者として転生するのだが……

股間無双股間無双

原作/ジブロー 画/脇道それる
講談社 726円(全4巻)

内容については多くを語るのは憚られますが、とりあえず1巻の帯には「異世界漫画史上 最〝下品〟」とあることをお伝えしておきます。ほぼR18です。むちゃくちゃ売れている模様。下ネタで爆笑したい人におすすめ。腹がよじれるほど笑い泣くこと必至。

乱世の春秋戦国時代に心穏やかに生きることを説いた荘子と老子の思想

マンガ老荘の思想マンガ老荘の思想

作画/蔡志忠 訳/和田武司 監修/野末陳平
講談社 748円

「年長者は敬え」「がんばって出世しろ」。これら、生きづらくありません? 現代社会に疲れた人の心を軽くする、紀元前中国の思想家・老子と壮子の教えを漫画化。「役に立たない木になれば、切られて建材にならずに済む」──これで泣いたら少し心が疲れてるかも。

<私が選びました>

千葉康永千葉康永
〝涙は心の洗浄液〟と信じて定期的に泣ける作品を探していたが、最近は涙もろくなり、一度泣いた作品はタイトルを見ただけで涙がこぼれるパブロフの犬状態な本誌デスク。

文/編集部

2023年のヒット商品120点を総まとめ!DIME電子増刊号がdマガジン、楽天マガジン、Amazon Kindleなどで配信中

11月1日に配信がスタートしたDIME電子増刊号では「2023ヒット商品総まとめ」と題し、この一年のヒット商品を全11ジャンル、12o商品を大特集!

生成系AI、chocoZAP、ポケモンスリープ、ソロ家電、生コッペパン、白湯、無糖ブーム、スマートバスマット、ビオレUVミスト、WBC売れ、ストリートファイター6など2023年を彩ったヒット商品を一挙紹介します。

ほかにも、忙しい年末に仕事の効率アップを目指す「AI仕事術」、働くストレスを軽減させるアイテムを集めた「ウェルビーイングなビジネスギア100」、なぜか毎回人気の「編集部員が選ぶオススメの本&マンガ」の企画も新メンバーが加入し、さらにカオスに。

年末に向けた今年の総決算となる電子増刊は各電子書店やdマガジンなどの雑誌の読み放題サービスで配信中。ぜひダウンロードしてみてください!

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

DIME SPECIAL1 どこよりも早い!2023ヒ ット商品総まとめ

新型コロナの5類引き下げ決定で幕を開けた2023年。脱コロナのムードが高まる一方で、物価上昇が消費意欲に水を差した。今年を象徴するトレンドとは何か? 編集部員による分析とともにヒット商品を一挙紹介する。

DIME SPECIAL 2 ウエルビーイングなビジネスギア100

良き仕事のためには優秀なビジネスギアが不可欠。というわけで、DIME目線で選んだビジネスギアをデジタル関連から話題のヘッドホン、スマートウオッチ、さらにはマッサージ系までフォロー。さらに後半では、欲しいモノがすぐに購入できる通販企画も登場。ボーナスの使い道に迷っているなら、この機会にぜひ!

DIME SPECIAL 3 プロゲーマー&ガジェット通が厳選! DIME Gamingが選ぶ今買うべきゲーミングギア31

eスポーツ熱は冷めないどころか増していくばかりだ。それに比例してギアも巷にはあふれかえっている。そんな中でも特にオススメなギアを紹介するほか、DIME Gamingの最新動向についても報告する。

DIME SPECIAL4 ChatGPT、Bing、Bard 一番仕事に使えるのはどれ? 今日から使える! AI仕事術

 2022年11月にサービスが開始されたオープンAIの「ChatGPT」。リリースから2か月で1億人のユーザーが利用し、その有用性に世界中が驚いた。2023年2月にはマイクロソフトの「Bing」、
3月にはGoogleの「Bard」が相次いでリリースされた。私たちも仕事、プライベート問わず、生成AIをうまく使うコツを次第につかみ始めてきたのではないだろうか。特に欲しい回答を引き出すプロンプトを作るコツについては自分なりの法則を確立しているユーザーも多いハズだ。

 今回は3大生成AIである「ChatGPT」「Bing」「Bard」それぞれの特徴をふまえつつ、同じプロンプトに対する各AIの違いを比較。「いかにAIを使いこなすか」から「いかに使い分け、AIを使いこなすか」といった一歩先のステップに進む助けとなる質問と回答を編集部で厳選した。

DIME SPECIAL 5 DIME編集部員が〝偏愛〟で選ぶ! 年末年始に読みたいオススメ本&マンガ80選

2023年も残すところあと2か月。ということは、年末年始の休暇シーズンもやってくるということ。今回は、そんな日常の忙しさを離れた時にこそ読みたい本をDIME編集部員がピックアップ。ビジネス書あり、マンガあり、ウルトラニッチなジャンルありと、役に立つかはわかりませんが、編集部員の個性の爆発をお楽しみください。

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年11月16日(木) 発売

DIME最新号の大特集は「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」「シン・家電ブランド大図鑑」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。