小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AMG製の2ℓ直4ターボエンジンを搭載!ロータス「エミーラ 1stエディション」は誰にも扱いやすいスポーツカーだった

2023.10.29

扱いやすいスーパースポーツカー

 試乗車はMT車だったが、こちらは足元、ミッション部分のコンソールの下にメッシュ部分があり、マニュアルシフトのリンケージが見えるという演出がされている。運転席に座り、電動スイッチでポジションを決める。サイドシルが高いのは「エヴォーラ」や「エキジージ」と同じ。もっと時代を溯れば「エリーゼ」からの特徴。そこを乗り越えて乗り降りする。

 ハンドルは手動だがテレスコとチルトができる。ハンドルは上下が水平だが、これがメーターのヒサシと同じ角度なので、メーターも見やすい。室内は体をしっかりと支えてくれるセミバケットシートだが、圧迫感はない。着座位置はやや低めだが、右のフェンダーの一部は見える。驚いたのはシートポジションメモリー2人分セットできること。「ロータス」も上級車並みの装備が付くようになったのだ。

 センターコンソール上のスタート/ストップボタンのカバーを跳ね上げて、スイッチオン。クラッチペダルは重めで、反発力も強い。6速MTはストロークは短いが、やや重めだ。クラッチを踏み込み、1速にシフト。クラッチを合わせてスタート。エンジン回転計は9000回転まで刻まれ、6500回転からレッドゾーン。5000回転を目安にアクセルを踏み込む。ドライブモードは、TOUR/SPORT/TRACKの3モード。ツアーモードを選択する。

 1速45km/h、2速90km/h、3速は120km/hに達する。メーカー公表の最高速は288km/h。0→100km/hの加速はMT車4.3秒、AT車4.2秒だ。運転席のすぐ後ろで回っているエンジン音は、決して静かではないが、5000回転でも一応会話は成立する。SPORTモードではアイドリングからエキゾーストノートが高まり、高回転での会話はキツイ。

 オールアルミモノコックのボディは剛性感があり、目地などを高速で乗り越えても、ドンッという音だけで通過する。SPORTSモードやTRACKモードでは、さすがに路面の細かい凹凸などが手に伝わるが、乗り心地が不快、と感じることはなかった。

 100km/hの走行は5速2500回転、6速2100回転だが、これなら何時間でも走っていける。スーパースポーツカーだが、とても乗りやすく、疲れも少ないクルマだ。実用性に関しては、室内は前席とエンジンルームの間に、幅200mmほどの低い棚があり、スポーツバッグや、冬のコートなどは置くことができる。

 ラゲージスペースは、フロント部分はファンが入っており、ボンネットはメカニックでなければ開けられない。エンジンの後方には深さ約330mm、奥行き約400mm、左右幅約1300mmのスペースがあるが、3.5Lエンジンと同居しているに等しい空間なので、夏場は短時間でも、冷凍食品を収納することは避けたほうがよいだろう。そのほかのものなら、暖かくはなるが、きちんと収納できる。ただし、重い物は、開口部の高さが約910mmなので取り出すときに腰を痛めないように。

 結論として「エミーラ」はこのテのスーパースポーツカーとして、もっとも扱いやすいクルマの1台といえる。

■関連情報
https://www.lotus-cars.jp/our-cars/current-range/emira/index.html

文/石川真禧照 撮影/萩原文博

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。