小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

労働者を強力に保護する日本の労働法、どこまでやらかすと解雇になる?

2023.10.11

こんにちは。

弁護士の林 孝匡です。

宇宙イチ分かりやすい法律解説を目指しています。

会社の書式を改造したりして解雇された事件を解説します。

ほかにこんなことをしました。

・部下のミスを隠ぺい
・社内調査でもウソをつく
・別の部下をボコボコにする

裁判所
「解雇はOK!」

以下、分かりやすくお届けします(長谷川製作所事件:東京地裁 R4.11.4)

※ 争いを一部抜粋して簡略化
※ 判決の本質を損なわないよう一部フランクな会話に変換

登場人物

▼ 会社

・鉄道車両の部品の販売などをしている会社

▼ Xさん

・製品検査、営業などを担当
・品質管理リーダー

Xさんがやった3つのチョンボ

Xさんは3つのチョンボをやらかしました。

▼ チョンボ1

会社で使う書類の改造です。依頼票27枚を改造したのです。この改造によって、検査項目が確認できない、梱包状態が分からないなどの弊害が生じました。

会社はXさんに口頭で注意。そして顛末書を提出させました。

▼ チョンボ2

ミスの隠ぺいです。ある日、部下から「熱処理しないまま鉄道会社に納品したかもしれない…」と報告を受けました。

しかしXさんは、その事実を会社に報告しませんでした。会社の社内調査でも、Xさんは「不良製品納品のことは知らなかった」とウソをつきました

次は口頭注意では済みません。会社はXさんの役職手当を減額しました(7万円 → 4万5000円)

▼ チョンボ3

部下をボコボコにしました。Xさんは、部下の仕事が遅いとイラつきました。部下に向かって「また遅れるのか」「ふざけるな」と言い、部下の胸ぐらをつかみ、机の上に押しつけました。部下は机の上に寝たような体勢となり、首を締めつけられるような状態になりました。

そのほかにも、別の日、Xさんは、足の裏で部下のみぞおち付近を蹴り、裏拳で顔面を殴りました。部下は鼻血が出ました(その他の暴行は省略)

部下は、精神内科に通うようになり、体調が戻らず退職に追い込まれました…。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。