小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

直近2年間の消費者の買い物スタイルの変化、3位ムダを減らすためこまめに買い物をする、2位買い物に行く間隔をあける、1位は?

2023.09.21

食卓に馴染みのある食品や生活用品の値上げが続く中、カタリナマーケティングジャパンではこの2年の日常の買い物でどのような変化があったのか(現在)、そして今後さらに値上げが続く場合、どのように変えていくのか(未来)についてアンケートを実施。集計結果を図表やグラフにまとめて発表した。

値上げに対する行動や今後についての意識調査の結果

ここ2年、日常の食品、生活用品の値上げが続いているなか、消費者は「安い店」で「特売日やセールの日」に「価格の安い商品」を選ぶことが増えたと回答している。

「お店選び」、「買い物スタイル」、「商品選び」でこの2年での変化のTOPスコア項目を並べた。それを並べると“安い店”を選択し、“特売日やセール日”を目掛け来店し、“価格の安い商品”を選ぶということになる。

また、これらの項目は今後(未来)において聞いた質問でもTOP項目になっている。 また、今後、値上げが続く場合、“現在”までの変化を前提にして、今後(未来)も、 「安い店」で「特売日やセールの日」に「価格の安い商品」を選ぶことを増やしていく意向があるという結果となった。

つまり、この2年で変化した買い物の変化は、今後も値上げが続く場合、さらに強化されていく可能性があることを示唆している。

「お店選び」で変化したこと、今後変えようと思うこと

(複数回答)

上記は、お店選びの変化のグラフになる。「お店選び」で変化したことや、今後変えようと思うことのどちらも「候補が複数あった場合、安い店で買い物する」が最も高くなっている。

変化した計は87.8%、変えようと思う計は89.1%と、“現在”も“未来”も、お店選びでコストセービングを考えている人が90%弱いることになり、お店選びは消費者にとってますます重要な要素となっている。

買い物スタイル」で変化したこと、今後変えようと思うこと

(複数回答)

上記は、「買い物スタイル」の変化のグラフ。「買い物スタイル」で変化したことや、今後変えようと思うことのどちらも「特売日やセール日に買い物をする」が最も高くなっている。「買い物の間隔をあける」は、“現在”より“未来”の方が6.6%高くなっており、今後、消費者の来店回数が減る可能性を示している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。