小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

定着するのはかなり先?「ジョブ型雇用」を導入している企業は2割程度、大企業は3割

2023.08.29

現在、日本企業の間では、転勤や部署移動ありきの古くからある「メンバーシップ型雇用」ではなく、欧米的な特定業務のエキスパートを採用する「ジョブ型雇用」へシフトチェンジすべきとの議論が盛り上がっている。

では、既に「ジョブ型雇用」を導入している企業はどのくらい存在するのだろうか?

日本能率協会は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から「当面する企業経営課題に関する調査」を実施している。

今回は、「組織・人事編」と題し、企業の人事部門の責任者を対象として、組織運営・人事分野の課題にフォーカスを当て、対応の実態や施策の検討状況を調査。その中からここでは、人事・評価・処遇制度に関する調査結果について紹介する。

人事・評価・処遇制度の抜本的な見直しを実施済・実施予定の企業は約7割

人事・評価・処遇制度の抜本的な見直しの実施状況について尋ねたところ、「抜本的な見直しを実施済・実施中」は37.9%、「1~2年以内に実施予定」は32.4%と、合計で約7割の企業が、抜本的な見直しを実施、もしくは実施を予定していた。【図1】

従業員規模別でみると、大企業・中堅企業は「見直し実施・実施予定」の割合が全体より高く、75%にのぼった。大企業・中堅企業を中心に、人事・評価・処遇制度の見直しが進んでいることがわかる。

【図1】人事・評価・処遇制度の抜本的な見直しの状況

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。