人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.09

今さら聞けないクレジットカードの基礎用語

 ビジネスマンならクレジットカードの1枚や2枚は持っているはず。使いこなさないまでも、多くの人が特に不便なく使ってることだろう。しかしクレジットカードにまつわる用語をどれだけ知っているだろうか? まずは基本情報編から試してみてほしい。

 

 001yougo1

国際ブランド
世界中でクレジットカードの決済ができるシステムを提供する会社のこと。国際ブランドには下記の5ブランドがあり、それぞれ加盟店舗で利用できる。
VISA(ビザ)
MasterCard(マスターカード)
AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)
JCB(ジェーシービー)
Diners Club(ダイナースクラブ)

年会費
クレジットカードを利用するのに必要な会費。年会費が永年無料になるカードは限られているものの、入会した最初の年は無料だったり、次年度もカードの利用金額によって無料になるなど、実際の負担は少ないケースも多い。一方、ゴールドカードやプラチナカードの場合は年会費が高額だが、その分、付帯するサービスが充実している。

家族カード
クレジットカードを契約した本会員の家族が入会できる。カードの機能やサービスはそのまま、割安な年会費で利用できるのでお得。利用したポイントは本会員に統合できるので、ポイントを家族でまとめることができる。

付帯保険
クレジットカードに付いている保険で、海外・国内の旅行傷害保険やショッピング保険が一般的。保険料を支払わなくても補償が受けられるので、よく旅行する人なら旅行傷害保険が付いているカードを選ぶと便利だ。

自動付帯・利用付帯
付帯保険の補償を得るための条件。自動付帯の場合はカードを持っていさえすれば補償されるが、利用付帯の場合は航空チケットをカード決済するなど、旅行に関連した支払いをカードでしておかないと補償が受けられない。中には自動付帯と利用付帯が併用するカードもあるので、自分が持っているカードはどのパターンなのか、ちゃんと理解しておきたい。

ショッピングガード
クレジットカードで購入した商品の破損や盗難、事故による損害などを補償してくれる保険。カード会社によって金額などは異なるが、購入日から90日間、年間最高50万円まで補償してくれるなど、いざという時に心強い。

ポイント還元率
クレジットカードのお得度の目安となる数字。一般的には0.5%だが、中には2%といった高いポイント還元率を誇るカードもあり、1%以上が高還元率カードと呼ばれている。ポイント付与率とは異なり、下記のように計算すると算出できる。
【例】1000円で2ポイントがもらえ、1000ポイントで買い物券5000円分に交換可能な場合
5000(円分)÷1000ポイント=5円(1ポイントあたり)
5(円)÷1000(円)×2(ポイント)=0.01=ポイント還元率1

 

文/綿谷禎子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ