小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バイク販売店の利用実態調査、男性の購入者は50代、女性の購入者は40代が最多

2023.08.22

三者の立場で顧客満足度調査を実施するoricon MEから、バイク販売店利用実態調査の結果が発表された。この調査は、8月19日の“バイクの日”にちなんで行なわれた『バイク販売店』顧客満足度ランキングと並行して実施されたものだ。

バイク購入者〜男性は50代、女性は40代が最多

『専門販売店』『メーカー系』の回答者を足し合わせ、バイク購入者全般の傾向を分析した。その結果、バイクを購入した人の男女比率は、男性が84%、女性が16%となり、男性が大多数を占める結果となった。

男女それぞれ年代別にみると、男性は「50代」、女性は「40代」が最も多く、女性は男性に対して比較的なだらかな分布で年齢層が広い特徴がみられた。

排気量〜男女ともに51㏄~250㏄が50%以上、原付・大型二輪で男女差あり

バイク購入者全般について、購入したバイクの排気量を男女で比較すると、男女ともに51㏄~250㏄の普通二輪で50%以上を占めているが、50㏄以下(原付)は男性8%に対して女性21%、401㏄以上(大型二輪)は男性26%に対して女性9%と比率が逆転している。

男性は大型志向、女性は原付志向がそれぞれ比較的強いと考えられる。

バイク購入のきっかけ〜大型ほど趣味性が高い結果に

バイク購入のきっかけについて、以下の選択肢から複数回答で回答してもらった。

[1]定年退職・早期リタイア
[2]結婚や子どもの独立など家庭環境の変化
[3]コロナ禍の影響(密を避けるなど)
[4]通勤・通学に使うため
[5]買い物などの日常使いのため
[6]家族の影響
[7]友人の影響
[8]恋人の影響
[9]新しい趣味として
[10]欲しいバイクや車種があった
[11]ほかの移動手段の代替
[12]値段が安かったから
[13]以前乗っていたバイクの故障
[14]その他

その結果、男女ともに「欲しい車種があった」と回答した人が最多(男性:45%、女性:35%)となり、バイクが趣味性の高い乗り物であることが推察できる結果となった。

次に多かったのは、男女ともに「通勤・通学(26%、32%)」で、その次に「日常使い(18%、27%)」や「新しい趣味(19%、20%)」があげられている。

また、コロナ禍において、三密を避ける移動手段としてや時代に即した趣味としてバイクが再認識されており(※)、「コロナ禍の影響」と回答した人は男性9%、女性16%だった。
※ 引用元:一般社団法人日本自動車工業会

排気量ごとにバイク購入のきっかけをみてみると、「通勤・通学」や「日常使い」といった理由は125㏄以下のバイクで多くみられた。

一方、「欲しい車種があった」は126㏄以上のバイクを選んだ人に多くみられ、特に401㏄以上の大型二輪を購入した人では70%が回答。

「新しい趣味」に着目すると、普通二輪免許で運転可能なバイクの中でも126㏄以上のバイクを選んだ人が特に回答している(126㏄~250㏄:24%、251㏄~400㏄:30%)。

また、「コロナ禍」を理由にあげた人も同様に126㏄~250㏄、251㏄~400㏄の普通二輪で比較的多い傾向があった。

購入価格別では、価格が高くなるほど「欲しい車種があった」ことをきっかけにあげる人が多く、次いで「新しい趣味」となり、趣味性の高さが表れている。

対して、49万円以下では、「通勤・通学」が最も多く、次いで「日常使い」となっており、比較的安価な車種は実用面をきっかけに購入に至ったといえそうだ。

販売店〜メーカー系の利用者は40代以上が8割以上

『専門販売店』と『メーカー系』の利用者の年齢層を比較すると、どちらも同じような傾向があるものの、『メーカー系』は50~60代の割合が高く(60%)、40代を含めると84%を占める結果となった。『メーカー系』利用者の年齢層は比較的高い傾向がみられる。

購入したバイクの排気量ごとに『専門販売店』と『メーカー系』のどちらを利用したのか割合を比較したところ、250㏄以下は専門販売店、大型二輪はメーカー系で購入した割合が高い結果となった。

バイクの購入経験について尋ねたところ、専門販売店は「初購入」が最も高い一方、メーカー系は「買い替え」が最も高いという結果が得られた。

《調査概要》
2023年 オリコン顧客満足度®調査 メーカー系バイク販売店 利用実態調査
調査方法:インターネット調査  
調査主体:株式会社oricon ME
サンプル数:1098人 
調査企業数:4社(カワサキ プラザネットワーク、スズキワールド、Honda Dream、ヤマハモーターサイクルスポーツプラザ(YSP))※五十音順
定義:以下すべての条件を満たすバイク販売店
 1) 国内メーカーのバイクを販売しており、メーカーや車種を限定している 
 2) 実店舗で販売をしており、メーカーの直営店、または直系の店舗である
 3) 特定地域のみではなく、チェーン展開をしている
調査期間:2023/2/15~2023/3/3
調査対象者 性別:指定なし、年齢:16~69歳、地域:全国、条件:過去3年以内にバイク販売店の店舗でバイクを購入し、価格を把握している人

関連情報
https://life.oricon.co.jp/rank-bike-sell/manufacturer/

https://life.oricon.co.jp/rank-bike-sell/specialty/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。