小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家出人探しで重要なのは失踪から3日間!自力、警察、探偵の調査の違いと特徴

2023.08.20

警視庁が発表した『令和4年中における行方不明者の状況※』によると、令和4年の行方不明者の総数は84,910人で、そのうち10代は14,959人、20代は16,848人と若い世代が多くの割合を占めている。
https://www.npa.go.jp/news/release/2023/20230619001.html

では、実際に身近な人が行方不明になってしまったらどのように対応すればよいのだろうか。ホワイトベアーは、「家出人を探すにはどうしたらいい?自力・警察・探偵それぞれの調査」について解説を公開した。

家出人調査は早期発見が大事!警察への相談方法や注意点について

家出人調査は初期対応が重要であり、特に若年者や高齢者は早期発見が重要だ。行方不明後3日間が大きな分かれ目であり、遅れると発見率が低下する。

遅れた場合、人的トラブルやリスクが高まる。家出人の調査はプロに依頼し、早急な対応と専門知識で家出人の安否を確認しよう。

家出人の捜索を考える際、多くの人がまず警察に相談する。警察への相談方法や注意点について説明しよう。

まずは警察署に行方不明届(捜索願)を出す。家出人の写真や失踪時の状況の情報を持参して相談をしよう。

次に警察が相談内容を確認し、特異行方不明者かどうかを判断する。特異行方不明者に該当すれば積極的に捜査に乗り出すが、事件性が少ない場合は「一般家出人」として扱われ、積極的には捜索されない可能性が高い。

家出から間もなければ自力で探し出せる可能性がある

家出人の捜索は警察や探偵に頼る以外に、自力で行う方法もある。失踪して間もない場合は以下の方法で探すことで発見できるかもしれない。

・家出人がいる可能性がある場所を探す:近隣の公共施設や長居できる場所を調査。
・家出人が失踪した近辺でチラシやビラを配る:目撃者や知人の情報を得るために行方不明を広報。
・失踪した周辺の民家に張り紙を貼らせてもらう:家主の許可を得て周辺に人探しの張り紙を掲示。
・家出人が親しい友人・知人に連絡する:SNSや学校の卒業名簿から連絡先を探して確認する。
・Twitterから家出人調査の協力を呼びかける:ツイートで情報提供を求める方法。
・警察の行方不明者ページに掲載してもらう:警察の協力を得て行方不明者情報を公開。
・家出人捜索サイトや掲示板を通じて探す:家出人捜索を支援するサイトや掲示板を利用。
・新聞に家出人探しの広告を出す:地方紙や全国紙に広告を出して広報。

これらの方法で家出人を見つけられる可能性があるが、早急な対応が重要だ。

家出人を確実に探し出すなら探偵を利用する

家出調査を迅速かつ確実に行うためには、探偵事務所に依頼することもおすすめだ。家出人調査に強い探偵の特徴は以下の通り。

・依頼後即日から調査を開始:多数の調査員を抱える中堅・大手の探偵事務所は迅速な対応が可能。
・デバイス機器の調査が得意:デジタル・フォレンジック技術によりパソコンやスマホから有力な情報を回収。
・人海戦術を使った聞き込み調査:ローラー作戦を展開し、迅速な聞き込みで手がかりを探す。
・警察犬やドローンを活用:警察犬の嗅覚による捜査やドローンを使った広範な捜索が可能。
・発見後の尾行・張り込み調査:対象者の行動を監視し、状況を報告することができる。
・再発防止のアドバイス:再発を防ぐために家出の原因や対策をアドバイスする。

これらの特徴を持つ探偵事務所に依頼することで、家出調査の成功率が高まり、早急な対応と専門知識により、家出人の安全な帰還や再発防止に貢献することが期待できる。

関連情報
https://tantei-sos.com/5811

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。