小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インバウンドの注力市場TOP3は台湾、米国、豪州!今後狙っていくべきエリアは?

2023.07.08

リクルートの観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター(以下JRC)」は、全国のDMO(観光地域づくり法人)や自治体の訪日プロモーションにおけるターゲットを可視化することを目指し、インバウンドマーケットにおける市場別の注力ターゲットに関するアンケートを実施。

その回答結果をまとめたリポートが到着したので、本稿ではその概要を紹介していく。

注力市場のトップ3は現在、今後ともに「台湾」「米国」「豪州」。 今後狙いたい市場の増加幅が最も大きいのは「中東地域」

【現在順位】
1位:「台湾」84.5%  2位:「米国」71.8%  3位:「豪州」69.0%
【今後順位】
1位:「台湾」74.6%  2位:「豪州」70.4%  3位:「米国」64.8%
【現在→今後の増加順位】
1位:「中東地域」8.5ポイント  2位:「インドネシア」7.0ポイント  3位:「フィリピン」「英国」4.2ポイント

現在狙う市場では北海道が「タイ」、中国が「フランス」、東北・九州が「中国」などに注力

それぞれの地域が現在狙っている市場で最も多いのは、北海道が「タイ」、東北と九州が「中国」「台湾」、関東が「台湾」「タイ」「米国」、北陸信越が「台湾」、中部は「台湾」「タイ」「米国」「フランス」、近畿が「米国」「豪州」、中国が「フランス」、四国が「米国」。沖縄は網羅的に狙っている。すべてのエリアの上位に「台湾」が入り、北陸信越・中部・近畿で欧米豪の複数市場が上位に入る。

現在、今後ともに選択した最大の理由は「自地域の観光資源と相性が良いから」

【現在順位】
1位:「自地域の観光資源と相性が良いから」66.2%  2位:「自地域への来訪実績が多いから」 64.8%  3位:「訪日リピーターが多いから」47.9%

【現在→今後の増加順位】
1位:「訪日旅行の滞在期間が長い層だから」8.5ポイント  2位:「訪日旅行の消費金額が高い層だから」7.0ポイント  3位:「年収が高い層が多いから」5.6ポイント

選定した最大の理由は、現在、今後ともに「自地域の観光資源と相性が良いから」、今後の増加幅が大きかった選定理由の上位3つは「訪日旅行の滞在期間が長い層だから」「訪日旅行の消費金額が高い層だから」「年収が高い層が多いから」となる。

現在の選定理由のトップ3は、「自地域の観光資源と相性が良いから」66.2%、「自地域への来訪実績が多いから」64.8%、「訪日リピーターが多いから」47.9%。現在に対して今後狙いたい市場の増加幅が最も大きいのは「訪日旅行の滞在期間が長い層だから」8.5ポイント、次いで「訪日旅行の消費金額が高い層だから」7.0ポイント、「年収が高い層が多いから」5.6ポイントとなる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。