小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自慰行為が人類の進化において重要な役割を果たしている可能性、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン研究報告

2023.06.23

自慰行為の進化上の利点とは?

快楽のための行為と見なされがちな自慰だが、実際には、進化において重要な役割を果たしている可能性があるようだ。

ヒトを含む霊長類の自慰行為は、少なくとも雄にとっては、生殖の成功率を高めるとともに性感染症(STI)への罹患リスクを低減させる効果のあることが、英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のMatilda Brindle氏らによる研究で示唆された。

この研究結果は、「Proceedings of the Royal Society B」2023年6月7日号に掲載された。

動物界で自慰行為を認めることは珍しいことではない。しかし、この一見すると自己志向型の行為が、個体の生存や繁殖といった進化の点で何らかのメリットをもたらしているのだろうか。

現状では、自慰行為は病的な行為である、あるいは高い性的興奮の副産物に過ぎないとする非機能的な仮説がある一方で、自慰行為には適応的な利益があるとする機能的な仮説があるなど、統一見解は得られていない。

そこでBrindle氏らは、246本の学術論文や150件の調査結果、霊長類学者や動物園の飼育員から得た聞き取り情報など、400近くの情報源を集めた。

その上で、これらの包括的なデータを系統比較的な手法と組み合わせて、霊長類の自慰行為の進化の経路や関連要因を検討し、雄と雌の双方において、いつから、また何のために、自慰行為が行われてきたのかについての理解を深めようと試みた。

なお、現生の霊長類は、ヒトやゴリラなどの類人猿を含む真猿類とメガネザル科から成る直鼻猿類、キツネザル科とロリス科から成る曲鼻猿類の2つのグループに分類される。

自慰行為の起源については、合計67属の霊長類の自慰に関するデータを、雄・雌別に、「自慰をする」「自慰をしない」「記録がない」として整理し、この基礎データから、それぞれの属の祖先における自慰行為の有無を推定した。

その結果、少なくとも真猿類の祖先がすでに自慰を行っていた可能性が示された。

では、一見非機能的に見える特性がなぜ進化の過程で生まれ、受け継がれてきたのだろうか。研究グループはいくつかの仮説を立てて検証した。

一つ目の仮説は、自慰行為が受精の成功に役立つとする「交配後選択仮説(postcopulatory selection hypothesis)」。この仮説は、さらに二つの説に分かれる。

一つ目は、強い雄に交尾を中断される可能性の高い低位の雄にとっては、交尾に至った時点で迅速に射精することが必要である。射精を伴わない自慰により交尾前の興奮を高めておくことは、より迅速な射精につながり、繁殖上、有効な戦術になる可能性があるというもの。

もう一つは、射精を伴う自慰により劣化した精子を排出できるため、交尾には新鮮で質の高い精子を利用でき、これにより、他の雄の精子との競争に打ち勝つ可能性が高くなるというもの。

研究グループによると、集めたデータからは、自慰行為が、複数の雄が1匹の雌と交尾するシステム(多雄交尾)とともに進化してきたことが示され、この仮説が裏付けられたとしている。

もう一つの仮説は、交尾後の自慰による射精は、STIでの主要な感染部位である尿道の洗浄につながるため、交尾後のSTI罹患リスクを下げるのに役立つとする「病原体回避仮説(pathogen avoidance hypothesis)」である。

研究グループは、霊長類において、雄の自慰行為は病原体の発生と関連しながら進化してきたことが示されたとして、この仮説についてもエビデンスが得られたとしている。

その一方で、女性の自慰行為の意義については、データ不足のため、明確なことは分からないままであるという。

Brindle氏は、「これらの結果は、非常に一般的でありながら、ほとんど理解されていない性行動に光を当て、自慰行為の機能に関するわれわれの理解を大きく前進させるのに役立つ」と述べている。(HealthDay News 2023年6月7日)

Copyright © 2023 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspb.2023.0061

Press Release
https://www.ucl.ac.uk/news/2023/jun/evolutionary-origins-and-advantages-masturbation

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。