小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最も幸せだと感じる「お金の使い道」は何か?

2023.06.15

6⽉は多くの企業・団体で夏の賞与⽀給が予定され、その使い⽅は⼈によって⾃分の趣味に費やしたり、貯蓄に回したりと様々だと考えられる。

そこで、Hakuhodo DY Matrixのシンクタンク「100年⽣活者研究所」はこのほど、20〜80代の男⼥728名を対象に、⽣活者の消費⾏動と⼈⽣100年時代における幸福度の関係性を明らかにする意識調査を実施し、その結果を発表した。

幸せだと感じるお金の使い道、半数以上が「⾃分+他者のための消費」と回答

「Q1.あなたは何にお⾦を使うことが最も幸せだと感じますか?」(n=728)と質問したところ、「⾃分+他者のための消費(友⼈との旅⾏/外⾷/贈り物等)」が50.3%と半数以上を占めた。

「⾃分のための消費」が34.1%と続き、「貯蓄」と答えたのは6.2%だった。

今を楽しむものと将来のためになるもの、どちらのお⾦の使い⽅が幸せだと感じるか

「Q2.今を楽しむものと将来のためになるもの、どちらのお⾦の使い⽅が幸せだと感じますか?」(n=728)と質問したところ、全体の46.6%が「今を楽しむものに近い」もしくは「どちらかといえば今を楽しむものに近い」と回答した。

また、「将来のためになるものに近い」もしくは「どちらかといえば将来を楽しむものに近い」と答えたのは21%だった。

お⾦を使う相⼿は、20代は「⺟親や恋⼈・配偶者」、30〜60代は「⾃分の⼦どもや恋⼈・配偶者」

「Q3.あなたは誰のためにお⾦を使うことが幸せだと感じますか?(複数回答)」(n=728)と質問したところ、「⾃分」を除くと20代は「恋⼈・配偶者」「⺟親」が⽬⽴ったのに対し、30〜60代の多くは「⾃分の⼦ども」と回答した。

また、70代以上は男⼥ともに「孫」が3位に⼊っており、ライフステージによってお⾦を使う相⼿が変化していることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。