小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

生活者の景況感はコロナを契機にどのように変わったのか?

2023.05.06

コロナを境に生活気分の起伏が激化。“ポジティブ”は減少を維持するがWBCで最高スコアを記録

生活気分の指標は、「この1週間、どのような気分で過ごしたか」いう設問に対して、ポジティブ4項目とネガティブ4項目の合計8つの選択肢を用意。複数回答で聴取している。

Beforeコロナ期は、正月、ゴールデンウィーク、お盆休みといった季節的要因で、ポジティブ・ネガティブともにスコアが周期変動していた。

しかしコロナ流行期に入ると、ポジティブ・ネガティブともに、突発的な出来事やイベントによる影響で、生活者の感情は大きく変動するようになった。特徴が特に現れた「うれしかった」「悲しかった」の指標を観察する。

「うれしかった」は、コロナ流行期に入り急下降し、現在も平均的には低い水準で推移している。2021年に開催された「東京2020オリンピック」で急上昇したほか、記憶にも新しい2023年3月の「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)」での日本代表の優勝で、過去最高のスコアを記録した。

Beforeコロナ期もスポーツの大会が度々開催されてきたが、「うれしかった」という感情の起伏は、コロナ流行期に比べて小さかったことがわかる。

ネガティブな感情はコロナを境に急上昇。著名人の訃報や大事件・事故による影響大きく

一方、「悲しかった」はコロナ流行期に入り急上昇した。特に著名人の訃報や痛ましい事件・事故の報道によって急上昇。ポジティブ指標と同様に、ネガティブ指標でも、Beforeコロナに比べて、感情の起伏が大きくなったことが一目瞭然となっている。

このように、生活者の感情・気分は、コロナを境に構造的な変化が生じた。

Beforeコロナは、個人の日常生活の反映による季節周期でしたが、コロナ流行期は、ポジティブ・ネガティブともに、突発的な出来事やイベントが影響し、生活者の感情起伏が激しくなった。

これは、日常生活の制限やコロナ関連報道によって、感情や気分を決める心理的基準点が変化。情報や出来事に対する感応度も高くなった可能性がある。

同社では「まもなく始まるコロナの5類移行によってBeforeコロナの水準に戻るのか、可塑性を判断するために、今後も観測や分析を継続してまいります」とコメントしている。

関連情報
https://www.macromill.com/press/release/20230428.html

構成/清水眞希


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年11月16日(木) 発売

DIME最新号の大特集は「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」「シン・家電ブランド大図鑑」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。