小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

有機EL、超薄型、クリエイター向け、PCを新たなレベルに押し上げるASUSの野心的な戦略

2023.05.04

ASUSは台湾の本社で新製品発表会を開催し、『Zenbook』シリーズなどノートPC31製品、74モデルを一挙発表した。

左からASUS JAPAN システムビジネスグループ コンシューマービジネス事業部 統括部長 David Chu氏、インテルのShane Yu氏、ASUS JAPAN 代表取締役社長 Alvin Chen氏、AMDのJessie Teng氏、NVIDIAのJeffrey Yen氏

超薄型、軽量、パワフル、有機EL、PCを新たなレベルへ押し上げる製品が続々

『ASUS Zenbook』シリーズは13~16インチまで11製品20モデルをラインナップ。厚さ10.9mm、重さ約1kgの『ASUS Zenbook S 13 OLED』をはじめ、CPUに液体金属グリスを塗布しパフォーマンスを向上した「ASUS Zenbook Pro 16X OLED」、キーボード上部にセカンドディスプレイを備えた「ASUS Zenbook Pro 14 Duo OLED」、360度開くヒンジを採用したコンバーチブル「ASUS Zenbook 14 Flip OLED」などを揃える。いずれも第13世代インテル Core iまたはAMD Ryzen 7000シリーズのプロセッサーを搭載し、一部を除き有機ELディスプレイを採用する。

『ASUS Zenbook』シリーズはスリム&軽量ボディに有機ELディスプレイを搭載。

『ASUS Zenbook S 13 OLED』の主な特徴。価格は15万9800円~。

クリエイターなどプロのニーズに応える『ASUS ProArt Studiobook』シリーズは、2製品2モデルの展開。第13世代のインテル Core i9-13980HX プロセッサーと、NVIDIA RTX 3000 Ada Generation Laptop、NVIDIA GeForce RTX 4070 Laptopによる高いグラフィック性能、リフレッシュレート120Hz対応の3.2K有機ELディスプレイを備える。好きなアプリケーション操作を割り当て、直感的な作業を可能にする物理ダイヤル「ASUS Dial」も特徴だ。

『ASUS ProArt Studiobook』シリーズ。物理ダイヤル「ASUS Dial」を搭載する。

『ASUS ProArt Studiobook 16/Pro 16 OLED』の主な特徴。価格は49万9800円。

幅広いニーズに対応する『ASUS Vivobook』シリーズは、動画編集もパワフルにこなせる『ASUS Vivobook Pro』シリーズ5製品、機動性重視の薄型モデル『ASUS Vivobook X』シリーズ4製品、17型の大画面モデルも揃う『ASUS Vivobook』シリーズが5製品、エントリーモデル『ASUS Vivobook Go』シリーズ2製品ほか、コンバーチブルやセパレートなど、18製品52モデルを揃える。

動画編集やゲームも楽しめる本格的な機能を備えた『ASUS Vivobook Pro』シリーズ。

『ASUS Vivobook Pro 16X OLED』の主な特徴。24万5999円~。

すべてのモデルがMIL規格準拠の高い堅牢性を備えているのも特徴だ。発表会後には本社にある品質チェックセンターの一部施設がメディアに公開され、超低温や高湿度環境でのテスト、落下、振動、衝撃テストの様子を見ることができた。新製品はこれらのテストをクリアしているほか、多くのモデルが「ASUSアンチバクテリアガード」による抗菌仕様となっている。また全機種に「ASUS Store限定30日間返品保証キャンペーン」が適用される。

発表会に先駆け、挨拶のため登壇したASUSのJonney Shih会長は、「(ASUSの製品は)すべて人々のニーズから始まっている」と話し、コロナ禍に長時間PCに向き合うことになった人々に対して、高画質な「有機ELディスプレイ」でニーズに応えてきたと紹介した。「技術でエンパワーメントに貢献するとともに、サステナビリティにも取り組んでいる」とシー会長。「Zenbook」のモチーフになっている、日本の「禅」の精神についても触れ、同シリーズでは「シンプルで美しくパワフル」を目指したきたと話す。また新製品では、「超薄型で軽量、持続可能でパワフルかつポータブルな製品に有機ELを組み合わせることで、PCを新たなレベルへ押し上げる」と説明した。

「人々のニーズに応え、最高の体験を提供する」と、ASUSのJonney Shih会長

ASUS JAPAN システムビジネスグループ コンシューマービジネス事業部 統括部長のDavid Chu氏によれば、2023年の新製品のキーコンセプトは「Less is More(少ないほど豊かである)」。まさに「禅」の精神を表したようなコンセプトのもと、無駄を削ぎ落としつつ強味を最大限に引き出し、デザインや性能に反映しているという。なお、新製品は6月にかけて順次発売予定となっている。

取材・文/太田百合子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。