小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5人に1人が夢を叶えていた!?中小企業経営者に聞いた子どもの頃の夢

2023.05.09

エヌエヌ生命は4月上旬に全国の中小企業経営者(※)1,031名を対象に夢に関する調査を実施。先日、回答結果をグラフにまとめて公開した。

子どもの頃の夢で最も多かったのは「経営者」、年代別では50代が最多

中小企業経営者1,031名に、子どもの頃の将来の夢について聞いたところ、最も多かったのは「経営者」(20.2%)で、約5人に1人が夢を叶えていることがわかった。

年代別に見ると、「経営者」の回答率が最も高かったのは50代で24.3%。また、60代は「運輸・航空関係者」(10.7%)が、20代は「料理人」(13.6%)が他の年代より高い結果となった。

経営者になりたいと思った時期は社会人以降が過半数

経営者になりたいと思ったのはいつからか聞いたところ、「社会人になってから」が最も多く、過半数(56.5%)を占めた。

また、経営者になりたいと思ったきっかけについて聞いたところ、最多は「先代・親族・友人・知人に勧められた/頼まれた」(36.8%)で、「収入を増やしたかった」(27.4%)、「周囲の経営者の影響」(20.6%)と続き、周囲の影響により経営者になることを選んだ人が多いことが判明した。

年代別に回答の特徴をみると、20代は「事業のアイデアを思いついた」が他年代と比べて高く22.4%、「収入を増やしたかった」は、20代と30代の若年層が他の年代と比べて5ポイント以上高い結果となっている。

さらに、経営者になるために準備したことや学んだことについて聞いたところ、最多は、「会社経営に関する知識」(37.3%)で、次いで「事業に関する知識」(33.2%)、「経理・財務に関する知識」(31.5%)という順だった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。