小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2022年度の倒産件数は6799件、前年度から800件以上の大幅増加

2023.04.27

2022年度、日本国内においてどれほどの企業が倒産したのだろうか?

帝国データバンクはこのほど、2022年度の企業倒産件数(負債1000万円以上の法的整理が対象)について集計し、分析を行い、その結果を発表した。

2022年度の倒産件数は6799件(前年度5916件、14.9%増)となり、2019年度以来3年ぶりに増加した。2022年5月から2023年3月まで11カ月連続で前年同月を上回り、前年度から800件以上の大幅増となったのは2008年度以来14年ぶり。

負債総額は2兆3385億9100万円(前年度1兆1828億7100万円、97.7%増)と、2022年6月に発生したマレリホールディングス㈱(埼玉、民事再生法、負債1兆1856億2600万円)が総額の50.7%を占め、全体を押し上げた。2兆円台となるのは2017年度以来5年ぶりだ。

以下に、業種別、主因別、態様別、規模別、業歴別、地域別の倒産実態、および、「コロナ融資後倒産」など注目の倒産事例を紹介する。

業種別…14年ぶりに全業種で増加 『サービス業』『小売業』などコロナ関連目立つ

業種別にみると、2008年度以来14年ぶりに全業種で前年度を上回った。最多は『サービス業』(前年度1427件→1699件、19.1%増、同1859億5200万円、1648億5000万円減)で、『小売業』(同1287件→1315件、2.2%増、同1583億5300万円、225億2700万円増)が続き、コロナ関連の倒産が目立った。

そのほか、『建設業』(同1084件→1291件、19.1%増、負債1296億4400万円、227億2200万円増)や、『運輸・通信業』(同273件→371件、35.9%増、同834億5300万円、396億3800万円増)は前年度比30%以上の大幅増となった。

業種を詳細にみると、『サービス業』では、特に「老人福祉事業」(前年度76件→131件)で大幅に増加し、2000年度以降で最多となった。

『建設業』では、品不足の影響を受けた「設備工事」(同220件→305件)などで増加が目立った。『運輸・通信業』は、2024年問題が迫るトラック運送など「道路貨物運送」(同183件→255件)で大幅増、2014年度以来8年ぶりに200件台を記録した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。