小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

離婚前に別居していた時に支払う婚姻費用の計算方法

2023.05.04

夫婦が離婚する前に別居していた場合は、離婚時に別居期間中の婚姻費用を精算します。

今回は婚姻費用について、養育費との違いや詳しい計算方法などをまとめました。

1. 婚姻費用とは

「婚姻費用」とは、夫婦が分担すべき婚姻から生じる費用で、生活費や子どもの教育費などを含みます。夫婦は互いに、資産・収入やその他の事情を考慮して、婚姻費用を分担する義務を負います(民法760条)。

同居している夫婦は、共同生活をする中で自然に婚姻費用を分担します。

これに対して、別居中の夫婦は独立の生計を営み、婚姻費用の自然な分担がなされないケースも多いです。特に、夫婦関係に亀裂が生じて別居している場合には、婚姻費用を分担しないケースの方が多数と思われます。

そのため、夫婦が離婚する際には、別居期間中の婚姻費用を精算するのが一般的です。婚姻費用の金額や支払い方法などについては、離婚合意書などにおいて定めます。

2. 婚姻費用と養育費の違い

夫婦が離婚する場合に精算すべき金銭としては、婚姻費用以外には養育費などがあります。

婚姻費用と養育費は並べて論じられることも多いところですが、両者の間には以下の違いがあります。

①婚姻費用

夫婦の生活費と子どもの生活費・教育費などの合計額をベースに計算します。

婚姻中の別居期間が精算対象です。

②養育費

子どもの生活費・教育費などの合計額をベースに計算します。(元)夫婦の生活費は計算の基礎に含めません。

離婚成立後、夫婦が合意する時期までの期間が支払いの対象です。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。