小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

室内、外出先から安心モニタリング!工事不要のネットワークセキュリティカメラおすすめ5選

2023.04.18

セキュリティーカメラ

犯罪への不安から防犯カメラの需要が高まっている。中でもスマホなどで外出先から自宅の様子を確認できるスマートカメラが人気だという。手軽に導入できて高機能な次世代型防犯カメラの選び方とは?

離れた場所からでも自宅を見守ることができる安心感

 体感治安の悪化、広域強盗事件などにより、犯罪への漠然とした不安が拡大している日本。その情勢を受けて、防犯カメラの需要が急激に高まっている。中でも人気なのがスマートカメラだ。これについてビックカメラの本城奈津美さんは「工事が不要らないものが増え、導入予算を抑えることができるところが人気です」と話す。

 スマートカメラとは、ネットやスマホと連携することで、様々な機能を搭載したカメラのこと。

「外出先から自宅の様子を確認したり、中にはマイクやスピーカーが付属していて、訪問者と応対ができたりするものもあります」

 いいことずくめのようなスマートカメラだが、導入の際には注意すべきポイントもある。

「モデルによっては取り付ける場所で電源を確保する必要があり、工事が発生するケースもあります。カメラの価格は抑えられても、電源工事費用がかさんでしまった、ということもありますので注意しましょう。カメラの画質も大きなポイントです。200万画素が最近は主流ですが、これだけあれば10mくらい先の顔までくっきり撮影することが可能です」

 また、撮影した映像を保存するための方法・容量も大切だ。

「映像がキレイになれば必要な記録容量も増えます。モニター部にSDカードを差し込んで記録するもの、月額料金を支払いクラウド保存するものなどがあるので、優先項目を決めて選びましょう」

本城奈津美さんビックカメラ OAコーナー主任
本城奈津美さん
有楽町店の防犯カメラ&ドアホン担当。日々進化を続ける防犯カメラへの豊富な商品知識に加えて、丁寧な接客に定評あり。

ワイヤレスセキュリティーカメラはココをCHECK!

POINT(1)設置性 24時間録画には電源の確保が必須

24時間録画には電源の確保が必須

充電式カメラは問題ないが、電源式は工事が必要。また屋外設置となるため防水性能に加え、黄砂やホコリの影響を受けやすい場合は、防塵性能もチェック。

POINT(2)スマホ連携 外出時でも自宅の様子を確認できる

外出時でも自宅の様子を確認できる

ネット接続ができるタイプには、スマホを通じ、自宅外からリアルタイムで、映像を確認したり、音声対応できるモデルも。防犯対策の強化に効果的だ。

POINT(3)カメラ性能 遠くの顔もくっきり!高解像度カメラを選ぶ

遠くの顔もくっきり!高解像度カメラを選ぶ

解像度が高いと、カメラから遠くでも顔がはっきり確認できる。主流は10m先の顔まで確認できる200万画素以上のモデル。さらに最新カメラはAIを搭載し、より精細な録画が可能に。

POINT(4)ストレージ 自動録画、24時間録画など記録方法は様々

自動録画、24時間録画など記録方法は様々

何かがあった時だけ録画するドラレコタイプのほか、すべてを記録するものもある。高解像度であればあるほど容量が増えるので、データ保存方法も要チェック。

POINT(5)+α機能 見守り、録画以外にも選べる機能も多数

見守り、録画以外にも選べる機能も多数

警報音を出すもの、赤外線で暗闇でも録画できるもの、音声を発してドアホン的に使えるものなど、防犯機能は充実の一途。重視したい内容によって選ぼう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。