小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SNSを利用したい子どもと利用させたくない親の争いに終止符を打つ「ソーシャルサークル」の存在

2023.04.11

スマホを幼い頃から持ち、当たり前のようにインターネットでつながる子どもたち。しかし、多くの親は安易なつながりにリスクを感じ不安を覚えます。

総務省によると、2020年における個人のインターネット利用率は、6歳から12歳の児童も8割を超える数値となっています。

【参考】属性別インターネット利用率|総務省

SNSを子どもたちに使うな……とは、なかなか強く言えなくなっている今、安心して子どもたちに手渡せるサービスはないものでしょうか?

SNSじゃない「ソーシャルサークル」という考え方

シンガポールを中心に世界10か国以上で、子ども向けのIOT機器を販売する注目の会社があります。myFirst.tech社 ジージェーヨン代表取締役は、同社を2017年に設立。以来、単なるおもちゃを提供するのではなく、テクノロジーを子どもたちに与える会社として活動しています。

myFirst.tech代表取締役 ジージェーヨン氏

そのため、テクノロジーのもたらす不要な危険から、子どもたちの暮らしを守るという意識は高く、常に細心の注意を払ってきました。そんな同社が開発したのが、子ども用のSNSアプリ「myFirst Circle」です。

このアプリの最大の特徴は、〝考え方〟でしょう。SNSとは「ソーシャルネットワーキングサービス」を意味しますが、myFirst Circleは「ソーシャルサークル」という考え方を進めています。

どういうことかと言うと、子どものつながりの中心には家族があり、その周辺に友だちや知り合い、ご近所……といった関係があり、親がしっかりとインターネット上での子どものつながりを守るという発想です。

日本は〝ネットいじめ〟という言葉が示すように、子どもがSNSなどの脅威にさらされることがありますが、諸外国の子どもたちもリスクを抱えています。

例えば、ニュージーランドでは家に突然、「ボクが○○ちゃんのお友だちだよ!」と、小学生ほどの我が子に初老の成人男性が訪れるという政府広告で、SNSのリスクを警告していたり、アジア諸国でも、娘の友だちが家に訪れて「○○ちゃんのネットでの暴走は目に余る」と、親にとっては青天の霹靂なクレームが向けられるといった内容の広告が配信されるなど、SNSを巡るトラブルは尽きないようです。

ジージェーヨン氏も我が子を育てる上で、SNSトラブルから守るために日々悩んでいたそう。その解決策として、「ソーシャルサークル」=myFirst Circleを1年かけてスタッフと開発したのです。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年9月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ハンディーボディケア」、特集は「Google超研究」「腰痛対策の極意」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。