小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これから注目すべき6つのデジタルトレンドを展望した「DIME Digital Trend Summit」開催レポート

2023.04.05PR

DIME Digital Trend Summitのレポートをまとめてお届け! 当日のアーカイブも公開しているので是非チェックしてみてください。

DIME Digital Trend Summit

分人主義、イノベーションの未来、デジタルアイデンティティ、DIME Digital Trend Summitで語られた2023年の注目キーワード

「ビジネススキルを学びたい」「情報や知識を増やしたい」──そんなビジネスパーソンに向けて、DIMEがお届けするビジネスセミナー「DIMEカレッジ」。3月16日には、「DIME Digital Trend Summit 2023」と題し、これからのビジネスで避けては通れない、デジタル分野のキーワードやトピックを取り上げる、スペシャルイベントを開催しました。 ゲストとして登壇いただいたのは、ベストセラー『アフターデジタル』シリーズ(日経BP)の著者として知られるビービットの藤井保文さんと、アメリカを中心とした最新のテックニュースやスタートアップ、ビジネス情報、カルチャートレンドをゆるーく深堀りしながら解説するポッドキャスト番組「Off Topic」の宮武徹郎さん。@DIME編集長の石崎寛明を加えた3名にJ-WAVE「STEP ONE」などで活躍するサッシャさんをMCに迎え、パネルディスカッション形式で、それぞれが注目するデジタル分野のトピックを語り合いました。 本記事ではこれからのビジネスのヒントにつながる話題をレポート! まずは前半3つのテーマをレポートします。

【参考】https://dime.jp/genre/1565949/

「DIME Digital Trend Summit」で語られたDX、SNS、スマホの未来

「ビジネススキルを学びたい」「情報や知識を増やしたい」──そんなビジネスパーソンに向けて、DIMEがお届けするビジネスセミナー「DIMEカレッジ」。3月16日には、「DIME Digital Trend Summit 2023」と題し、これからのビジネスで避けては通れない、デジタル分野のキーワードやトピックを取り上げる、スペシャルイベントを開催しました。 ゲストとして登壇いただいたのは、ベストセラー『アフターデジタル』シリーズの著者として知られるビービットの藤井保文さんと、アメリカを中心とした最新のテックニュースやスタートアップ、ビジネス情報、カルチャートレンドをゆるーく深堀りしながら解説するポッドキャスト番組「Off Topic」の宮武徹郎さん。@DIME編集長の石崎寛明を加えた3名にJ-WAVEなどで活躍するサッシャさんをMCに迎え、パネルディスカッション形式で、それぞれが注目するデジタル分野のトピックを語り合いました。これからのビジネスのヒントにつながる、示唆に溢れた話題の中から、後半3つのテーマをレポートします。

【参考】https://dime.jp/genre/1565965/

DIME Digital Trend Summitイベント動画はこちら

絶賛発売中!ビジネスの核心を司る「デジタルアイデンティティ」の指南書

「DIME Digital Trend Summit 2023」でも取り上げられた日本におけるデジタルアイデンティティ活用のあるべき姿とは? 

デジタル分野のトレンドに詳しい4人の識者の方々に、それぞれの視点でデジタルアイデンティティの活用、背景にあるトレンドなど、ご自身の考えを交えて語っていただきました。当然ながら現段階で、正解はわかりませんが、その中で新たな視点を示し、問題提起をしてくれています。ぜひチェックしてみてください!

https://www.shogakukan.co.jp/books/09389106

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。