小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BMWがNVIDIAの仮想空間プラットフォーム「Omniverse」を活用した仮想工場のグローバル展開を開始

2023.04.05

BMWグループは、NVIDIA GPU テクノロジ カンファレンス(GTC)でNVIDIAとともに、2025年に操業を開始するハンガリーのデブレツェンの電気自動車工場を含む、世界中の生産ネットワーク全体で産業用メタバース アプリケーションを構築および運用するために NVIDIA Omniverseプラットフォームを活用して、拡大中であることを発表した。

さらにGTCの基調講演で、NVIDIAの創業者/CEOであるジェンスン フアン (Jensen Huang) 氏は、BMWグループの取締役会メンバーであるMilan Nedeljkovic氏とともに、NVIDIA Omniverseを利用した同自動車メーカー初の完全に仮想化された工場の正式な開設を発表した。

ジェンスン フアン氏は、以下のように述べている。

「私たちは、BMWがOmniverseで達成した進歩に興奮し、信じられないほど誇りに思っています。このパートナーシップは、世界中の次世代のスマートコネクテッドファクトリーのための仮想統合と仮想ツールのフロンティアを引き続き推進していきます」

Omniverseは、25年以上にわたるNVIDIAグラフィックス、アクセラレーテッド コンピューティング、シミュレーション、およびAIテクノロジの集大成であり、製造会社は数十億ドル規模の工場プロジェクトを完全に仮想的に計画および最適化を可能にする。

これは、より迅速に生産を開始し、より効率的に運用できることを意味し、市場投入までの時間、デジタル化、および持続可能性を改善。

基調講演のデモでは、BMWのデブレツェンEV工場の仮想計画セッションが強調されている。 Omniverseを使用することで、BMWチームはデータを大規模で高性能なモデルに集約し、ドメイン固有のソフトウェアツールを接続して、複数の場所にまたがるマルチユーザー ライブ コラボレーションを実現。これらはすべて、場所やデバイスを問わず可能となっている。

そして、オープンする2年前に仮想工場で作業を開始することで、BMWグループは円滑な運営と最適な効率を確保することができる。

現実世界の効率化のための仮想統合

BMWグループのデブレツェンの仮想工場は、Omniverseプラットフォームを使用して AI主導の産業製造工場を計画する能力と俊敏性を示している。

EVファクトリーのデモでは、Nedeljkovic氏がBMWチームが限られた床面積にロボットを組み込むことを模索している場面にフアンを呼び込んだ。チームはその場で即座に問題を解決し、ロジスティクスおよび生産プランナーは理想的な配置を視覚化して決定することができる。

Nedeljkovic氏は、次のように語っている。

「これは革新的です。仮想世界で完全に設計、構築、テストを行うことができます」

これは、BMWグループのデジタル トランスフォーメーションへの旅の未来を映すレンズ。また、大規模な建設プロジェクトや設備投資に取り組む前に、リスクを軽減し、成功を確実にするための青写真でもある。

この種のデジタル トランスフォーメーションは効果的となる。既存の設備の変更指示やフローを再び最適化することは、非常にコストがかかり、生産のダウンタイムが発生する。そのため、事前に最適化する機能を使用すると、そのようなコストを実質的に排除できる。

BMWグループが世界中の生産体制を変革

BMWグループの生産ネットワークは、Omniverseがもたらすデジタルトランスフォーメーションの機会から恩恵を受ける態勢を整えている。

世界中に工場と工場プランナーがいるため、BMWには複雑な計画プロセスがある。 BMWは多くのソフトウェア ツールとプロセスを使用して、地域やタイム ゾーンを超えて人々を結び付けているが、これには限界がある。

ソフトウェア スイート間の相互運用性を実現する3D言語であるUniversal Scene Description (USD) に基づく開発プラットフォームであるOmniverseにより、BMW は、Siemens Process Simulate、Autodesk Revit、Bentley Systems MicroStationなどの主要な産業用コンピューター支援設計およびエンジニアリング ツールから、既存のソフトウェアおよびデータリポジトリを橋渡しすることができる。

この統一されたビューにより、BMWは社内チームと外部パートナーが協力し、既存の工場からの知識とデータを共有して、新しい工場の計画を支援できるようにしている。

さらに、BMWチームは、Omniverseプラットフォームのカスタマイズ可能な基盤アプリケーションであるOmniverse USD Composerに基づいた Factory Explorerと呼ばれる新しいアプリケーションを含む、Omniverseを使用した一連のカスタム アプリケーションを開発している。

BMWは、USD Composerのコア コンポーネントを使用し、工場データの検索、構築、ナビゲート、分析など、工場計画チームのニーズに合わせてカスタマイズされた拡張機能を追加した。

Omniverseプラットフォームがデジタル ツイン コラボレーションを加速

Omniverseプラットフォームにより、BMWチームは仮想工場全体でどこからでもコラボレーションが可能。リアルタイムでグローバルな変更を可能にするデータへの統一されたアプローチにより、BMWはチーム間で最新情報を共有できる。

これらの新しい機能により、BMWは仮想世界で完全に検証およびテストできるようになり、生産までの時間が短縮され、すべての工場の効率が向上した。

関連情報:https://www.bmw.co.jp/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。