小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

何を学べる?メタバース空間でメタバース業界の人材を育成する学校「MEキャンパス」が4月から開校

2023.03.11

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

メタバース空間で学校生活を送る「MEキャンパス」

メタバース空間のアバターで学校生活を送りながら、動画教材や課題制作で実践スキルを学べる学校「MEキャンパス」が4月1日に開校する。

仮想空間でアバターを使って社会生活を送ることができるメタバースは、今後大きな成長が見込まれており、マッキンゼー・アンド・カンパニーが2022年6月にリリースしたレポートでは、メタバースの市場規模は2030年までに5兆ドル(約687兆円)まで成長する可能性があるとしている。

出展:マッキンゼー・アンド・カンパニー「Value creation in the metaverse」

国内外の大手企業も積極的に取り組んでいる分野だが、新しい技術、専門的な技術を扱うため世界的にメタバース構築や運営に携わるクリエイター、エンジニアが不足している状況にある。

MEキャンパスは、メタバースの市場規模が拡大することが予測されている中、メタバース業界で働く人材「メタバースクリエイター」を育成する学校で、メタバース構築、運営の中核になる職種を目指すカリキュラムを設置し、3DCGクリエイター、Unityエンジニア、ソフトウェアエンジニア、サーバーエンジニア、フロントエンジニア、開発ディレクター、Vtuber関連クリエイター等、幅広い職種のあるメタバース関連の求人に対応する。

4月から開校されるのは、1年間の「メタバースクリエイター 誰でも入学コース」と、3年間の「メタバースクリエイター 通信制同時入学コース」。

1年間のコースは、メタバースの実践的なスキルを身につける内容で、学生から大人まで誰もが通うことができ、メタバースプロダクション、メタバースCG、メタバースプログラミングの3つの専攻から興味のある分野を選び、専門的なスキルを学ぶ。

3年間のコースは、MEキャンパスと提携先の通信制高校である松陰高等学校(山口県岩国市)に同時入学することで、メタバースの知識を学びながら、提携通信制高校でのレポート(添削指導)、スクーリング(面接指導)を受けることで、高卒資格の取得が可能となる。

1年、2年次にメタバースクリエイターコースの基礎を学び、3年次には誰でも入学コースと同様の専攻科目からひとつ選択し実践スキルを学ぶ。

MEキャンパスの“施設”は、学校行事や特別授業の際にアバターで集まる空間「クラスルーム」、友達やコミュニティマネージャーとの交流、勉強会などを行う空間「ラウンジ」、入学式・卒業式などのイベントやセミナーなど、大人数が集まる空間「アリーナ」がある。

MEキャンパスでは動画視聴による学習が中心で、クラスルームには大きなスクリーンがある。学校行事や、各分野の第一線で活躍する著名人による特別授業の際にはクラスルームに集まり、リアルタイムで話を聞く機会も設ける。カリキュラムの中にあるグループ活動を行う際にもクラスルームを利用することが可能で、いつでも、どこからでも集まることができる。

MEキャンパス内ではアバターでコミュニケーションするため、性別、年齢、見た目など現実世界のあらゆる要素がフラットになり、他人の目を気にする必要もない。また、バーチャル空間に存在するため、自宅や外出先など好きな場所からアクセスでき、自分のペースで学ぶことができる。

同じ専攻で学ぶ仲間と協力して課題を制作していくグループ学習や、制作物やアイデアを発表し合う共同発表会、年2回の学園祭もあり、仲間と共に学ぶ経験もできる。制作した課題は、卒業時に生徒のポートフォリオ(実績資料)として、就職活動などに活かすことができる。

生徒の学習を身近でサポートする担任のような「メンター制度による学習サポート」や、スクールカウンセリング、コミュニケーションサポート、就職サポートなど、生徒に寄り添ったサポート体制も構築している。

生徒は自分の好きなアバターを選択し、気分に合わせてアバターを変えたり、人型アバターのファッションパーツも変更可能。アバターには「エモートアイコン」と呼ばれる感情表現モーションが実装されており、アバターを使って近くの人に話しかけたり、リアクションをしたり、テキストチャットやボイスチャットもできるので、仮想空間とはいえ、多彩なコミュニケーション表現が可能となっている。

パソコンを使ったゲームプレイと同じ要領で、キーボードの「WASD」とマウスを使いながら、歩く、方向転換など自由に動くことができ、Shiftキーで走る、Spaceキーでジャンプもできる。

【AJの読み】学びを妨げる人間関係のハードルをなくして自由に好きなことを学べる

メタバースの大きな特長は、アバターを使うことでリアルな自分を見せる必要が無く、人間関係のハードルを無くしながらコミュニケーションを得ることができるという点。MEキャンパスでは、こうしたメタバースの利点を最大に活かした教育の場を提供している。

運営会社のMetaLab 取締役・北祐一氏はこう話す。

「子どもの数は年々減少しているにも関わらず、不登校の割合は年々増えています。全日制やこれまでの通信制とは異なる新たな学びの場が必要と考えたことが、MEキャンパス設立の理由のひとつです。

MetaLabでは企業のメタバース進出を総合的に支援し、『バーチャルスクール都市構想』ではプラットフォーム上に、高校だけでなく、大学、塾・習い事、資格・キャリア・介護等の専門教育、海外留学、趣味・アートなど、様々な学びの場がある個々に対応した学習の機会を提供していき、世界で一番学びの機会と出会える場にしたいと考えています」

コロナ禍以降、オンライン授業が一般化したが、将来的にはオンラインに代わりメタバースでの学びが主流になる時代が来るのかもしれない。

文/阿部純子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。