小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノキアがB2Bテクノロジーのイノベーションリーダーを目指しブランドを刷新

2023.03.01

ノキアは、2023年2月27日から3月2日までスペイン・バルセロナで開催された世界最大級の通信関連イベント『MWCバルセロナ2023』において、最新の企業および技術戦略と新しく生まれ変わったブランドを発表した。

同社代表取締役社長兼CEOであるペッカ・ルンドマルク氏は、今回の発表について次のように述べている。

「私たちは、デジタル化がビジネス、産業、社会を変革し、それに伴い生産性、持続可能性、アクセシビリティを大幅に向上させる機会をもたらす可能性があると考えています。市場をリードするノキアのネットワーク技術は、あらゆる業界のお客様やパートナーからますます必要とされています。

私たちは、ネットワークによって単に人とモノが結びつくことを超えた未来を見据えています。ネットワークは適応性があり、自律的で、活用可能です。ネットワーク自身が感知、思考、行動し、それによりデジタル化の機会を最大化します。 本日、ノキアは、ネットワークの可能性を飛躍的に広げ、ネットワークとクラウドが融合する未来を切り開いていくことに焦点を当てた、最新の企業戦略と技術戦略お伝えします。

同時に、ノキアは、B2Bテクノロジーのイノベーションのリーダーとして、ブランドを刷新しました。今までノキアとは違う姿をご覧ください」

6つの柱で構成される企業戦略

ノキアは持続可能で収益性の高い成長を実現するために、3段階の戦略に対して業務を遂行している。その新企業戦略は、次の6つの柱で、さらなる成長の加速に力が注がれている。

・継続的な技術の優位性によって、サービスプロバイダーとともに市場シェアを拡大する。
・顧客構成でエンタープライズ(企業)の割合を拡大する。
・ポートフォリオの積極的な管理を継続し、本格的に参入するすべての分野で主導的な位置を得る道筋を確保する。
モバイル・デバイス以外の分野においてもビジネスチャンスをつかみ、ノキアのIP分野を収益化し、ノキア・テクノロジーズに対し引き続き研究開発への投資を行う。
・アズ・ア・サービスなどの新しいビジネスモデルを実装する。
・ESGによって競争上の優位性を発揮し、業界で「信頼性があり選ばれるプロバイダー」になる。

同社では上記の柱を提供するために、具体的に主に次の4つのことを行なうと説明している。

1.将来に適した人材の開発
2.特に6Gなどの主要分野に関する長期的な研究への投資
3.自社の業務をデジタル化し、機敏性と生産性をさらに向上
4.ブランドの刷新

最新の技術戦略について

ノキアの最新の技術戦略では、メタバース時代の要求を満たすためにネットワークをどのように進化させる必要があるかが詳しく説明されている。

世界が通信接続にますます依存するように進化するにつれて、ネットワークは、パフォーマンスと使いやすさが同じような重みと重要性を持つデジタル機能すべてに対して、基盤となるフレームワークになっていく。

そこで求められるのが従来のネットワークの特質と、クラウドの柔軟性と拡張性の融合だ。

こうした感知、思考、行動するネットワークは、ネットワークの持つ変革力をあらゆる業界にもたらす可能性を秘めている。

ノキアは、その広範で最良のポートフォリオと、ノキアベル研究所による従来の基準を根底から覆すほど革新的な技術研究を通じて、この変革をリードするのに適したポジションにいりと言えるだろう。

新ブランドについて

ノキアは、最新の企業戦略に沿って、あらゆる業界でデジタルの可能性を実現するB2Bテクノロジーのイノベーションのリーダーとして、ノキアの価値を伝達していくために、ブランドを刷新するという。

新ブランドによって、ネットワークの専門技術、技術のリーダーシップ、先駆的なイノベーション、提携パートナーシップについて、同社が持っている価値を訴求。

同社では「新しいロゴは活力に満ち、ダイナミックである今のノキアを象徴しているものであり、ノキアの価値と目的を象徴しています。ロゴはコラボレーション(協働)のシンボルとしてデザインされており、コラボレーションは、飛躍的に広がるネットワークの可能性、すなわち持続可能性、生産性、アクセシビリティ向上を実現するために不可欠であるとノキアは考えています」とアナウンスしている。

関連情報
https://www.nokia.com/about-us/newsroom/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。