小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヤマハがオートマティックスポーツバイク「TMAX560」シリーズに洗練された質感とスポーティさを表現した新色を追加

2023.02.27PR

TMAX560 TECH MAX ABS/マットダークグレー

ヤマハ発動機は、オートマチックスポーツ「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」のカラーリングを変更した2023年モデルを3月28日に発売することを発表した。

TMAX560 TECH MAX ABS/マットダークグレー

TMAX560 TECH MAX ABS/マットダークグレー

ダークトーンのローコントラストで洗練された質感を表現した“マットダークグレー”とスポーティさを訴求する“マットブルー”を追加

今回の「TMAX560 TECH MAX ABS」の新色は、ダークトーンのローコントラストで洗練された質感を表現した“マットダークグレー”。「TMAX560 ABS」は、マットブルーのボディにブルーのホイールを組み合わせオールブルーのコンビネーションでスポーティさを訴求する“マットブルー”となる。

TMAX560 ABS/マットブルー

TMAX560 ABS/マットブルー

「TMAX」シリーズは、“Maximize the Moment”をコンセプトに電子制御スロットルや軽量な足回りによるエキサイティングな走行性能とコンパクト&スポーティなスタイリングで人気を得ているモデル。また、スマートフォンとの連携やカラーメーターの採用などエルゴノミクスに配慮した機能も装備している。

TMAX560 TECH MAX ABS/マットダークグリーン

TMAX560 TECH MAX ABS/マットダークグリーン

「TMAX560 TECH MAX ABS」は、「TMAX560 ABS」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認性をサポートする光るハンドルスイッチ(一部「TMAX」にも採用)を搭載し、快適性をさらに高めた上級モデルとなる。なお「TMAX560 TECH MAX ABS」の “マットダークグリーン”は、継続して販売するとしている。

【メーカー希望小売価格】

【主要諸元】

〈 〉内はTMAX560 TECH MAX

関連情報:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tmax/

構成/土屋嘉久

 

サイクリング、ツーリング、通勤、配達、使い方いろいろ!DIME最新号の付録「自転車/バイク用スマホホルダー」は超本格仕様

自転車やバイクで初めての場所に訪れたり道に迷ったりした際、スマホのマップを起動し、現在地やルートを確認することもあるだろう。そんな時に活躍するのが『自転車&バイク用スマホホルダー「Xtreme」』だ。ハンドルのバーにしっかりと固定でき、停車中にスマホのマップをすぐに確かめられる。ほかにも幅広いシーンに重宝するので、本記事を参考に趣味や仕事で活用してほしい。

バーへの取り付け方とスマホの装着方法

バーに挟む

②ネジで固定

③ホルダーを取り付ける

④アームを広げる

⑤スマホをセット

バーの太さとBのリング内径がピッタリと合うように、Cのいずれかを選択。CをセットしたBのリングをガバッと広げてバーに取り付け、DとEで挟むように固定しよう。あとはスライドさせながらBに合体させたAのアームを広げて、Aの中央スイッチを押すようにスマホをセットすれば、アームがガシャッと縮んで固定される。

【使い方1】現在地やルートをチェック!

【使い方2】ベビーカーのハンドルに!

【使い方3】クルマのヘッドレストに!

【使い方4】楽器の演奏に!

【使い方5】デスクの簡易モニターに!

【使い方6】料理のレシピチェックに!

ベビーカーから手を離さずに周辺情報を確認できるほか、ヘッドレストに装着すれば後部座席の子供がスマホの動画を手放しで鑑賞できるなど、ファミリーユースにもピッタリ。スマホを目線の高さにセットして、譜面やレシピを確認できるのも便利。仕事中には照明のアームなどに取り付けてスマホを見やすい位置に固定するのがおすすめ。

※走行中の注視や操作は絶対におやめください。
※装着したスマホが脱落・落下しないようにしっかりと固定してから使用してください。

DIME最新号では「最強のスタートアップ100」を大特集!

DIME最新号では「最強のスタートアップ100」として世界をリードする注目企業を総力取材!
投資先として、協業先として、そして転職先として知っておくべきスタートアップ企業とは?
IT全盛の時代を生きるビジネスマンはマストで知っておくべきトピックを、世界一わかりやすく、かつ深く取材しました。ぜひご高覧ください!

 

アマゾンでの購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。