小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホ非接触決済サービスを使い始めた理由、3位現金を出すのが面倒、2位ポイントが貯まる、1位は?

2023.03.01

支払いは端末をかざすだけ。財布を持ち歩く必要もない。そんな利便性の高さからスマホ決済を利用する人が増えている。

ではスマホ決済サービスのユーザーは、どんな小売店・商業施設で同サービスを使っているのか?

MMD研究所はこのほど、18歳~69歳のスマホ決済サービスユーザー1,800人を対象に「2023年1月スマートフォン決済利用動向調査 第2弾」を実施し、その結果を発表した。

スマホ決済サービスのチャージ方法・連携方法、PayPayは「銀行口座からのチャージ」、d払いは?

18歳~69歳のスマホ決済サービスユーザー1,800人を対象に、メイン利用しているスマホ決済サービスのチャージ方法・連携方法について聞いたところ、最も利用しているQRコード決済サービス上位であるPayPay(n=150)は「銀行口座からのチャージ」が28.0%、d払い(n=150)は「スマートフォン料金と合算払い」が44.7%でそれぞれトップとなった。

最も利用しているスマホ非接触決済サービス上位であるモバイルSuica(n=150)は「クレジットカードからのチャージ」が56.0%、iD(n=150)は「クレジットカードとの連携」が60.0%でそれぞれトップとなった。

スマホ決済サービスを使い始めた理由

18歳~69歳のスマホ決済サービスユーザー1,800人を対象に、メイン利用しているスマホ決済サービスを使い始めた理由を聞いたところ(複数回答可)、QRコード決済サービス(n=900)では「ポイントがたくさん貯まるから」が40.3%、スマホ非接触決済サービス(n=900)では「会計がスピーディーに終わるから」が35.4%でそれぞれトップとなった。

スマホ決済サービスを利用する場所の上位は「コンビニエンスストア」「スーパー」「ドラッグストア」

18歳~69歳のスマホ決済サービスユーザー1,800人を対象に、メイン利用しているスマホ決済サービスをどのような場所で利用しているか聞いたところ(複数回答可)、「コンビニエンスストア」が59.8%と最も多く、次いで「スーパー」が43.1%、「ドラッグストア」が39.7%となった。

次に、メイン利用しているスマホ決済サービスの利用を場所ごとに聞いたところ、利用場所上位のコンビニエンスストアはnanacoモバイルユーザーの82.7%、au PAYユーザーの73.3%、d払いユーザーの68.0%が利用していることがわかった。

スーパーではモバイルWAONユーザーの77.3%、PayPayユーザーの51.3%、iDユーザーの49.3%が利用していることがわかった。

ドラッグストアでは楽天ペイユーザーの55.3%、d払いユーザーの54.0%、au PAYユーザーの49.3%が利用していることがわかった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「2023年1月スマートフォン決済利用動向調査 第2弾」
調査期間:2023年1月27日~1月31日
有効回答:1,800人
調査方法:インターネット調査
調査対象:18歳~69歳のスマホ決済サービスユーザー
※QRコード決済サービス(PayPay、d払い、楽天ペイ、au PAY、メルペイ、LINE Pay)もしくはスマホ非接触決済サ
ービス(モバイルSuica、iD、楽天Edy、QUICPay、nanacoモバイル、モバイルWAON)のいずれかのサービスをメイン
利用している人(各n=150)
設問数 :9問

出典元:MMD研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。