小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オンライン会議で重視するマナーTOP3、3位家族やプライベートなものが映らないように配慮、2位遅れないように事前に接続、1位は?

2023.02.27

コロナ禍を契機に、オンライン会議が普及して久しい。最初は突貫工事的に様々なビジネスの現場で使われていたこの新しいコミュニケーション手段だが、社会実装される過程で徐々に秩序ができていき、今では多くのビジネスパーソンが共有する「マナー」も存在する。

そんなオンライン会議のマナーに関する意識調査がこのほど、NTTドコモ モバイル社会研究所により実施され、その結果が発表された。

オンライン会議している人は約3割・10代が約5割

2021年と2022年でオンライン会議をしている人たちの年代別での比率を比較した。

全体では2021年にはオンライン会議を実施している割合は26.7%で2022年には28.1%と微増だった。年代別では10代が2021年には4割程度だったが、2022年には約5割に。またシニアの60代は2021年の16.2%から2022年は19.7%へ、70代は9.6%から12.4%と約3ポイント増加していた。

図1.オンライン会議の実施率[複数回答]
[全国・15~79歳の男女・n=6240(2021年・2022年)]

「話をしていない時にはミュートにしている」が約5割、どの項目も2021年より増加

オンラインでの会議を行なっている人たちが普段からオンライン会議の際に意識しているマナーについて調査したところ、「話をしていない時にはミュートにしている」が46.7%と一番高く、2021年より4ポイント上がっていた。

以下「遅れないように事前に接続の準備をしている」が43.2%、「家族やプライベートなものが映らないように配慮」が36.3%、「相手の顔を映すことを強要しない」が29.8%と続いた。どの項目でも2021年よりも増加していた。

またオンライン会議時にマナーを意識した行動を「特に何もしていない」という人は13.9%で、2021年の16.9%よりも3.5ポイント減少していた。 コロナ禍で様々な場面でオンライン会議が普及して、オンライン会議に慣れてきていることが示唆される。

図2. オンライン会議の際に意識しているマナー行動[複数回答]
[全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666(2021年)n=1756(2022年)]

「話をしていない時にはミュート」どの世代でも増加、70代は2021年よりも約20ポイント増

「話をしていない時にはミュートにしている」を年代別に調査すると、10~20代は5割を超えていた。30~60代も4割以上が話をしていない時にはミュートに。どの世代においても、2021年よりも「話をしていない時にはミュートにしている」人は増加していた。

特に60代は2021年に35.0%だったところから、2022年には43.4%へと増え、70代は8.2%だったところから、27.6%へと増加した。

図3. 年代別オンライン会議で「話をしていない時にはミュートにしている」[複数回答] 
[全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666(2021年)n=1756(2022年)]

「特に何もしていない」どの世代でも減少

オンライン会議を実施している人で、マナーを意識した行動で「特に何もしていない」と回答した人は10~70代まで2021年と比べて減少していた。つまりオンライン会議時に何かしらマナーを意識した行動をするようになった。

特に60代は2021年に30.0%だったところから、2022年には15.3%と半減。また70代は2021年には35.3%だったが、25.2%まで減少した。

図4. 年代別オンライン会議で「特に何もしていない」[複数回答]
[全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666(2021年)n=1756(2022年)]

<調査概要 ―「2022年次世代ライフスタイル調査」―>
調査方法:Web
調査対象:全国・15~79歳男女
有効回答数:6240
サンプリング:QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県のセグメントで日本の人口分布に比例して割付。
調査時期:2022年2月

<調査概要 ―「2021年次世代ライフスタイル調査」―>
調査方法:Web
調査対象:全国・15~79歳男女
有効回答数:6240
サンプリング:QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県のセグメントで日本の人口分布に比例して割付。
調査時期:2021年2月

出典元:NTTドコモ モバイル社会研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。