小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PayPayブランド統一後のグループ経済圏が生むシナジー効果とユーザーに与えるメリット

2023.02.24

■連載/綿谷さちこのクレカの強化書

Zホールディングスは2023年2月17日、「ZフィナンシャルとPayPayブランド金融事業」に関する説明会で、グループの全体戦略について説明した。

圧倒的なユーザー基盤を持つ強み

説明会に登壇したZフィナンシャル 執行役員経営企画部長の小笠原真吾氏は、「Zホールディングスの全体戦略として、大きく2つのポイントがある」と言う。

Zフィナンシャル 執行役員経営企画部長でZホールディングス 事業責任者室の小笠原真吾氏。

 

その1つが、『LINE』、『Yahoo! JAPAN』、『PayPay』という、それぞれが大きなユーザー基盤を持つ3つのサービスが揃っていること。グループ内でID連携したり、ポイント統合をするなどして、それぞれのユーザー基盤をさらに強固なものにしている。

このユーザー基盤を活かして展開されているのが、To C / To B向けの戦略だ。Zホールディングスは昨年12月に、これら3つのサービスの強みを活かしたメーカー向け販促サービスを、今春から開始することを発表した。『PayPay』の金融事業各社の戦略も、このグループ経済圏を基に展開される。

Zホールディングスの全体戦略。

 

Zホールディングスグループにおける『PayPay』の金融事業各社の位置付けは次の図の通り。その中でZフィナンシャルの役割は、Zフィナンシャルを含めたグループ会社のPayPayPayPay証券を横串で連携し、傘下のPayPay銀行、PayPay保険、PayPay投信のガバナンス機能を担うことだ。

Zホールディングスグループの金融事業会社。

金融事業各社のZフィナンシャルの役割。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。