小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

住宅を買って住んでみたい中部エリアの街TOP3、3位伏見、2位岐阜、1位は?

2023.02.24

賃貸ユーザーはコスパ重視、購入ユーザーはコスパVSタイパで二極化の兆し

リニア中央新幹線の計画を中心に、大小様々な再開発が進む中部圏(愛知県 三重県 岐阜県)が今にわかに活気づいてきている。

LIFULLが運営する不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME’S」は、『2023年 LIFULL HOME’S みんなが探した!住みたい街ランキング中部圏版』を発表したので、住宅を借りて住みたい街と買って住みたい街それぞれお伝えしよう。

中部圏版「買って住みたい街」ランキング、マンション開発が進む「名古屋」が3年連続の1位

「買って住みたい街」ランキングでは、2020年に48位だった「名古屋」が2021年以降3年連続して1位を獲得した。

全国有数の事業集積地である「名古屋」を最寄り駅とする住宅はこれまで想定できなかったたが、2020年以降は「名古屋」を最寄り駅とするマンションが継続して分譲されている。

2位も2年連続で「岐阜」、3位には前回4位の「伏見」が入った。前回3位の「名鉄岐阜」は6位に後退したが、「岐阜」とは徒歩5分程度しか離れておらず、事実上1つの街(駅)と考えても差し支えないため、購入希望者は岐阜中心部に注目していることがわかる。

3位の「伏見」は「名古屋」周辺の駅であり、中部圏での“住みたい街覇権争い”はここ数年「名古屋」vs.「岐阜」の構図となっている。

前回までは主に「名古屋」中心の居住ニーズが高まる状況にあった中部圏だが、コロナ禍が長期化し物価上昇傾向が強まるなかで、“意向の郊外化”も発生しているようだ。

状況としては「名古屋」とその周辺エリア、および「名古屋」からある程度離れたエリアにある“衛星都市”での居住ニーズ顕在化と見ることができるので、その意味では“二極化”の兆しがあるといえるだろう。

中部圏においても核家族化が進行し、それに伴って戸建てからマンションへという流れが完全に定着していることから、今後は大規模マンションやタワーマンションの開発で活性化したエリアがランキングの上位へと年ごとに入れ替わりで登場することも考えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。