小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブランド価値が伸びている企業は?日本企業のブランド価値ランキングTOP100

2023.02.25

日本最大のブランディング会社であるインターブランドジャパンから、日本発のブランドを対象としたブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2023」が発表された。

このランキングはブランドの持つ価値を金額換算する独自のブランド価値評価(Brand Valuation)手法を用いたもので、今年で15回目の発表となる。

またBest Japan Brandsは、インターブランドが2000年より毎年発表するグローバルのブランド価値ランキングBest Global Brands と共通の評価方法を採用。

グローバルのリーディングブランドと日本ブランドの価値を同じ尺度で比較することで、ビジネスの資産としてのブランド価値を世界基準で考察できる、と同社では説明している。

本稿では同調査の概要を抜粋してお伝えしていく。

Best Japan Brands 2023概況〜Top100ブランドの価値総額の対前年成長率は7.7%

コロナ禍が常態化する環境の中で、Best Japan Brands 2023にランクインした全100ブランド個別の対前年成長率の平均は、+6.0%(昨年+8.6%)となった。

また、ブランド価値の伸長ブランド数が80(昨年79)に、全100ブランドのブランド価値総額も2,733億ドル(前年比+7.7%)となり、我が国のリーディングブランドの安定した成長が確認された。

今回、ブランド価値を大きく伸長させたブランドの共通点を分析すると、「ブランド強度分析」の10要素のうち、Agility(俊敏力:組織としてビジネス機会や課題に対応し、期待を超え続けるため迅速に動くことができるか)、Coherence(整合性:あらゆる顧客接点でのブランド体験において、一貫性のあるブランドストーリーや世界観が感じられるか)、Distinctiveness(独自性:特徴的なブランド体験を提供し、際立つものとして既存/潜在顧客から認識され記憶されているか)が高い傾向が確認できた。

顧客や社会の変化に迅速に対応し、自社のパーパス(存在意義)に基づいた活動を、社内外に向けて、経営層から社員まで一貫して徹底的に行ない、時には独自の提供価値や体験を中核事業の領域を超えて創出したブランドが成長したことが推察できる。

Top 5 Growing Brands(前年比ブランド価値成長率 Top 5)

Yakult(36位、前年比+28%)

Yakultは、企業理念「私たちは、生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」を掲げ、社会課題の一つである世界の人々の健康の維持及び向上を常に目指している。

コロナ禍を経て、グローバルでも健康・免疫意識が高まり、海外での売上も拡大。そして、現代人にとっての健康上の大きな悩みのひとつ、ストレスを抱えた睡眠時間の短さに着目し、自社の強みの乳酸菌でその社会問題の解決を図った「ヤクルト1000」「Y1000」のヒットが、Yakultブランドの価値向上に大きく貢献した。

WORKMAN(60位、前年比+24%)

WORKMANは、2022年、経営理念「声のする方に、進化する。」とワークマンの企業理念「Dream(目指す姿):声のする方に、進化する、Purpose(存在意義):機能と価格に、新基準、Belief(価値観、行動指針):しない経営、データ経営、標準化」を刷新。

「婦人用インナー」、「トレッキング」、「シューズ」など新たな市場に次々に参入。店舗網を生かした「宅配なきEC」、妊娠中や小さなお子様のいるママさん用の「ママ楽」、職人向けの新業態「WORKMAN Pro(ワークマン プロ)」など、革新的で独自性の高い商品やサービスを、スピード感をもって展開している。

Shimano(25位、前年比+23%)

Shimanoは、2021年に100周年を迎えた自転車と釣りのグローバルブランドとして、コロナ禍での世界的な需要の高まりを受け、その価値を再評価されている。

特に自転車分野において、世界のトップレーサーが使用する競技用自転車から生活用自転車まで、その高い品質とデザイン力で世界を魅了。

基本理念「もっと自然へ、もっと人へ」、会社の使命「人と自然のふれあいの中で、新しい価値を創造し、健康とよろこびに貢献する。」を掲げ、新しい自転車文化・釣り文化の創造を目指し、長年多数の文化・スポーツ活動にも注力し、ユーザーと社員とのコミュニケーションを図っている。

Daikin(20位、前年比+20%)

Daikinは、空調機器メーカーとして世界トップシェアを誇るブランドだ。コロナ禍で空気に注目が集まり、パンデミック以前より標榜していた「空気で答えを出す会社」としての一貫した事業活動及びコミュニケーション活動により、「ダイキン=空気で答えを出す会社」と空調総合メーカーにとどまらない、新しい独自の強固なブランドポジションが、世界中の消費者の中に確立された。

さらに、戦略経営計画「FUSION25」では、「環境と空気の新たな価値を提供し、サステナブル社会への貢献とグループの成長を実現する」とし、「2050年に温室効果ガス排出実質ゼロ」という目標をいち早くコミット。

「空気で答えを出す会社」から、さらに空気の可能性を引き出し空気で新たな価値を創り出す「空気の会社」へ、社会価値の経済価値への転換においても成果を出し続けている。

Fujitsu(37位、前年比+19%)

Fujitsuは、2020年にパーパス「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていく」を定義。それを事業において実現するため、2021 年10月、ビジネスを加速して、社会課題に挑むソリューションを提案する新事業ブランド「Fujitsu Uvance」を開発展開している。

業種の垣根を越えて企業をつなぎ、それぞれの強みを大きな力に変え、地球や社会をより良いものにしていく、SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)を目指し、一貫したビジュアルとコミュニケーション活動で、世界に発信。また、

パーパスの実現には、社員一人ひとりの想いを結集させ、より大きな力を生んでいくことが重要と考え、社員一人ひとりが自分自身のパーパスに気づくための対話プログラム「Purpose Carving」を実施していることも評価されている。

New Entrants(初ランクイン)

NRI(83位)

NRIは、企業理念「未来創発」に基づき、持続可能な未来社会づくりに貢献し、社会に必要不可欠な存在であり続けるために、DXの先にある豊かさを洞察し、デジタル社会資本の創出を行う方針を掲げてきた。

その実現に向け、未来創発フォーラムを開催するトップ自ら顧客・社会に向けたメッセージの発信を行う強い関与とコミットメントの姿勢が明確であり、DNAを今一度見直すと同時に、ブランドストーリーとしてその想いを社内外に発信するなど新たなNRIの存在力強化に向けた動きが具体的に可視化している。

今後、次代に向けた新たなビジネスモデルや社会の仕組みを創造するトータルソリューションカンパニーとして、コミュニケーションを超え、グローバルレベルで事業活動を通した実装力をさらに見せていけるか、期待される。

Re-Entrants(再ランクイン)

TOTO(98位)

2021年より再ランクインしたTOTOは、グループ企業理念「私たちTOTOグループは、社会の発展に貢献し、世界の人々から信頼される企業を目指します。」、ミッション「未来へ続く『あした』へ、人や地球を想うやさしさで、今までとは『ちがう』価値を生み出し、世界の人に期待を超える『まいにち』を届けたい。」を掲げている。

コロナ禍による世界的な衛生意識の向上は追い風となり、これからのTOTOブランドの進化の方向性を再確認し、ハイブランドとして、機能性、デザイン性を追求している。

Best Japan Brands 2023 (1-50位)

Best Japan Brands 2023 (51-100位)

関連情報
https://www.interbrandjapan.com/ja/brandranking/method.html

https://www.interbrandjapan.com/ja/index.html

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。