小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

価格は110万円!マランツから史上最高グレードのホームシアター用のAVアンプ「AV 10」「AMP 10」が登場

2023.02.19

チャンネル数や回路構成、パーツグレードは過去最高のスペックを実現

マランツは、ホームシアター用アンプ「CINEMAシリーズ」から、15.4chAVプリアンプ「AV 10」と16chパワーアンプ「AMP 10」を3月下旬に発売する。価格はいずれも1,100,000円。

「CINEMAシリーズ」は、2022年9月に発表されたマランツの新しいホームシアター用アンプの製品群。2022年12月には9.4ch AVサラウンドレシーバー「CINEMA 50」、7.2chスリムデザインAVサラウンドレシーバー「CINEMA 70s」が発売された。

今回登場する「AV 10」と「AMP 10」は、従来のマランツのホームシアター用アンプのラインアップには存在しなかったハイエンド・セパレートAVアンプ。チャンネル数、回路構成、パーツグレードは過去最高のものとなっている。

また、両製品ともに、新世代のマランツを象徴する印象的でありながら、さまざまなスタイルのインテリアに調和する普遍性も兼備。同社によれば住空間にオーナーの個性を反映させる、これまでにないオーディオを目指した筐体デザインを採用したという。

AV10〜HDAM-SA3を15.4ch全回路に搭載したAVプリアンプ

HDAM-SA3を15.4chすべてのプリアンプ回路に搭載した、 マランツのAVプリアンプ史上最高のパフォーマンスを誇るハイエンドAVプリアンプだ。

プリアンプ回路には、マランツが Hi-Fi コンポーネントで培ってきたワイドレンジ、ハイスピードを実現する回路設計のノウハウを惜しみなく投入。

その心臓部には、超ハイスルーレート誇るマランツオリジナルのディスクリート高速アンプモジュールHDAM-SA3を採用。「AV10」に搭載されているHDAM-SA3は、歪を限界まで抑え、高精度に増幅を行なうために定電流回路とカスコードストラップ回路を備えており、15.4chのHDAM-SA3回路を独立した基板で構成することにより、チャンネル間のクロストークを排除する。

また、15.4chにおよぶサラウンド音声信号のデコーディングやレンダリングをはじめとする負荷の大きな処理を同時に行ない、高音質を実現するために、1基で2,000 MIPS(AV8805A比125%)もの処理能力を備える最新のデュアルコアDSPを搭載。

さらに、D/A変換回路は、HDMIなどのデジタル回路からもアナログオーディオ回路からも独立した専用基板にレイアウトすることで、回路間の干渉の最小化、理想的なパーツの配置、そして信号経路の最適化を実現している。

加えて、新世代のオブジェクトオーディオ技術Dolby Atmos、DTS:Xに対応するほか、IMAX Enhanced、Auro-3D、MPEG-H、MPEG-4 AACなどもサポートし、フォーマットに合わせたスピーカーの自動切り替えも可能。最新の映像コンテンツを楽しむための新規格にも幅広く対応しており、HDMI端子は、入力7系統と出力3系統のうち、入力は7系統すべて、出力は2系統(Monitor 1 / 2)が8K/60Hzおよび4K/120Hz映像信号のパススルーに対応する。

そのほか、HEOSテクノロジーを搭載した先進のネットワーク機能も搭載。無線通信はIEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0に対応。Bluetooth送信機能も装備する。

外形寸法はW442×H189×D503mm(アンテナを寝かせた場合)、質量は16.8kg。リモコン(RC047SR)、単4形乾電池×2、セットアップマイク、マイクスタンド、ケーブルラベル、Bluetooth/Wi-Fiアンテナ×2、電源コードなどを付属する。

AMP 10〜独自のClass Dアンプモジュールを搭載したマルチチャンネルパワーアンプ

マランツオリジナルのClass Dアンプモジュールを搭載したハイエンド・マルチチャンネルパワーアンプ。1つの筐体の中に定格出力200W(8Ω)/400W(4Ω)のパワーアンプ回路を16ch分搭載しているため、15.4chプロセッシングに対応するAVプリアンプ「AV 10」との組み合わせでは15.4chのシステムを構築することができる。

また、パワーアンプ回路は2chごとにモジュール化されており、すべてのモジュールが同一構成、同一クオリティとなっている。これによりチャンネルごとの音色、特性のばらつきがなく、シームレスで立体的なサラウンド空間を実現。

しかも、モジュールごとにリアパネル上のスイッチでノーマル、バイアンプ、BTLの各モードを切り替えることができるため、接続するスピーカーの構成に応じて柔軟な設定が可能だ。

さらに、バランス、アンバランス入力端子にはそれぞれマランツ独自のディスクリート高速アンプモジュールHDAM-SA2によるインプットバッファー回路が搭載。HDAM-SA2 はハイスルーレートで低ノイズというインプットバッファーとして理想的な特徴を備えており、このインプットバッファーによって入力信号を低インピーダンス化し、ノイズの影響を最小化。

HDAM-SA2はアンバランスの入力信号をバランス信号に変換する反転アンプと Class Dアンプ回路の入力部にも使用されており、ハイスルーレートで低ノイズ、そして安定した機器間、回路間の信号伝送を実現している。

そのほか、バランス&アンバランス入力端子として、プリアンプとの接続に使用するケーブルに合わせて切り替えられるXLR&RCA入力端子を装備。MODEL 40nにも使用されているハイクオリティな真鍮削り出しスピーカー端子SPKT1+も搭載する。

外形寸法はW442×H189×D488mm、質量は19.8kg。電源コード、リモートコントロール接続ケーブル、アンプコントロール接続ケーブル、スピーカー端子用レンチなどを付属する。

製品情報
https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/avamplifier/av10
https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/avamplifier/amp10

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。