小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

三井住友銀行が終活をDXする新サービス「SMBCデジタルセーフティボックス」のWEB申し込みを受付開始

2023.02.16

三井住友銀行は、終活のためのデジタルサービス「SMBCデジタルセーフティボックス」のWEB申込を開始した。

資産だけでなく情報や想いも安全に保管・伝達できる新しいデジタルサービス

「SMBCデジタルセーフティボックス」は、三井住友銀行が提供する終活のための新しいデジタルサービスだ。

ユーザーの大切な資産の情報や身の回りのこと、大切な人に伝えたい想い等を三井住友銀行の情報端末または自身のPC、スマートフォン等で簡単に登録することができる。

登録した情報は、相続発生時等のもしものときに、あらかじめ利用者が指定した受取人が閲覧することが可能だ。

本サービスは、2022年10月のリリース以降、シニア世代のユーザーのみならず、現役世代の人にも利用されている。

登録内容の相談や登録サポート等を評価されている一方、担当者からの案内が不要な人や、店頭への来店が難しい人からの要望を受け、今回ホームページからも申込ができるようになった。

サービス内容

1. デジタルで「登録する」

13の登録可能項目をあらかじめ用意されているので、何を登録したらよいか悩まずに登録できる。登録後はいつでも編集が可能。

登録可能項目
・資産に関すること:預貯金、保険、有価証券、不動産、その他資産・負債
・もしものときのこと:医療、介護、葬儀
・身の回りのこと、メッセージ:公共料金・カード等、ID・パスワード、大切なモノ、遺言書有無、メッセージ

2. 安全な場所に「預ける」

冊子のエンディングノートの課題である紛失・覗き見のリスクを、デジタル化によって解消。日本国内に新たなセキュリティ環境を新設し、大切な顧客情報を預金情報と同様に堅牢な環境で安全に保管する。また、ログイン時等に複数の認証システムを採用し、不正利用を防止する仕組みも構築した。

3.大切な人に「つなぐ」

デジタルならではの、受取人へのスムーズな情報伝達を実現する。相続発生時等にあらかじめ指定した3親等内の親族にスムーズに情報を伝達。情報の紛失もなく、もしものときに大切な人が見つけられない心配を解消した。

※本サービスは遺言その他法的効力を生じさせるものではない。
※また本サービスには、資産の分配(遺産分割)に関することや、資金決済が可能な暗証番号等、病歴・投薬・信条等のセンシティブ情報、その他家族・親族のトラブルに発展するような情報を登録することはできない。

サービス概要

名称:SMBCデジタルセーフティボックス
WEB申込開始日:2023年2月6日(月)
利用料:月額990円(消費税込)※初月無料
申込方法:近くの三井住友銀行支店窓口、またはホームページからのWEB申込
※ホームページからのWEB申込の場合、SMBCダイレクトの利用が必要になる。
利用方法:PCやスマートフォンなどの端末から利用できる。

関連情報:https://www.smbc.co.jp/kojin/digital-safetybox/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。