小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

会社員の約半数がフリーランス志望だった!?40代は収入、50代以上は収入より自由を求める傾向

2023.02.11

GMOクリエイターズネットワークは現役会社員が持つフリーランスという働き方のイメージを調査。回答結果をグラフにまとめて発表した。

会社員が持つフリーランスという働き方のイメージは「夢がある」

約半数の会社員が「フリーランスになりたい」と回答

まずは現在会社員として働いている人を対象に、フリーランスという働き方への願望を聞いたところ、「フリーランスになることを念頭に会社員をしている」「フリーランスになれるならなりたいと思っている」という回答が約半数を占めた。

また、会社員にフリーランスという働き方に夢があるかと聞くと、「とてもそう思う」「ややそう思う」という回答の合計が過半数を超える結果になった。

理想の年収は会社員の1.5倍以上。お金の使い道は貯蓄・投資

会社員に、もしフリーランスになったら重視することを聞いたところ、「今より稼ぎたい」という回答が最多となり、具体的には「今の年収の1.5倍以上」という回答が目立った。

“フリーランスは収入が不安定”といったイメージが薄れ、「フリーランス=より稼げる」という前向きなイメージを持っている人が増大していることが推察できる。

稼げるようになったら具体的にどんなことにお金を使いたいのかを聞くと、「貯蓄・投資」がトップとなり、「株などの金融商材」「旅行」なども上位にランクされた。

年代で仕事観に変化。40代は収入、50代以上は自由を重視

会社員がフリーランスになったら重視したいことを年代別に見てみると、「稼ぎたい」の回答の割合が特に多くなったのは40代。50代以上になると「働く場所と時間を自由に選びたい」が最多となり、年代によって仕事に求める理想が変化することがわかった。

独立の適正年齢は30代。だが「適正年齢はない」と考える人も

フリーランスとして独立するにあたって、“ベストなタイミング“を慎重に考える人もいることだろう。フリーランスになる適正年齢について会社員に考えを聞くと、「30代」が最多に。一方で、「適正年齢というものはない」という意見も多く見られた。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年3月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「5インチ電子メモパッド付き計算機」、特集は「ミニマルライフ&ギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。