小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ジープ」のタイヤにフェンダーがぶつかったのでスプリングを変更してみた結果…

2023.02.02

ひょんなことから「オフロード走行」に誘われ、オフロードの沼に片足をつけてしまった筆者。愛車ジープラングラーのポテンシャルの高さに惚れ直したが、「もっと過酷な道も制覇したい!」という欲と共にちょこちょこ愛車をカスタム。

タイヤを37インチに大きくしてみたものの、大きくしすぎてタイヤがフェンダーにぶつかるという問題が発生!それでも何度か走らせてみたが、とうとうフェンダーが取れる事態に・・・。

フェンダーを変えずスプリングを変えてみることに

「フェンダーにぶつかる問題」を防ぐには、フェンダーを変えなければならないと思っていたのだが、オフロードの隊長が「とりあえずスプリングを変えてみる?」という提案をしてくれた。

車のコイルスプリングとは、グルグルとらせん状に巻かれたバネのこと。現在筆者の車は純正のモノだが、ちょうどオフロードチームの一人が持つジープラングラーアンリミテッドの車のサスペンションを変えたため、アンリミテッドのコイルスプリングがあるとのこと。

実際、アンリミテッドと私が乗っている2ドアのコイルスプリングの長さは変わらなかったが、アンリミテッドの方が車体が重いため、バネが硬く、スプリングレートがよいとのこと。

よって、凹凸が激しい場所でも車体の沈みが少なくなり、タイヤとフェンダーが当たらなくなるだろうということで、早速ラングラー君の後輪の2本のコイルスプリングをアンリミテッドのモノへプチカスタム。

コイルの長さは変わらないため、見た目の変化はわからないが、早速新コイルスプリングでオフロードへ。

確かに前よりぶつからなくなった!

純正のコイルスプリングのときは、少しの凹凸でもガシガシタイヤとフェンダーがぶつかっていたが、確かにコイルを変えることでガシガシ当たっていた音は少なくなった。

しかし、ぶつからないわけではなく、激しい凹凸部分を走るとやはりがっつりと当たる。

そして、前ほどフェンダーが取れることはなくなったが、やはり勾配が激しい場所になるとフェンダーが取れてしまった。

次はルビコンのコイルスプリングに変えてみる

「やはりフェンダーを変えなければならないのかな?」とあきらめかけていたが、またオフロードの隊長より朗報が届いた。

オフロードチームの1人が新しくラングラーのルビコンを購入。そして、その車をリフトアップしたため、ルビコンのコイルスプリングを手に入れたとのこと。

1度アンリミテッドのコイルスプリングに変えたが、今度のコイルスプリングは同じアンリミテッドだが、グレードが高いルビコンのもの。コイルの長さも違うため、コレを入れることで多少のリフトアップも期待できるとのこと。

それと同時に、37インチの重いスペアタイヤを外すことで、後輪の沈みが少なくなり、フェンダーを変えなくとも、タイヤとぶつかることがなくなるのではないかという結論になった。

スペアタイヤをただ外すだけだとジープの後ろ姿がカッコ悪くなるため、そこにスペアタイヤデリートキッドを取り付けるのだが、またそれもさまざまな種類がある。

スペアタイヤがない状態

現在、どのスペアタイヤデリートキッドにするか迷っている。

単純にプレートを付けるだけのモノもあるが「見た目重視」のため、タンクを詰めるモノに惹かれている。

来週、ルビコンのコイルとスペアタイヤデリートキッドを装着予定。

これで、どんな悪路も進むことができるか!?

文・写真/舟津カナ
アメリカ・ロサンゼルス在住のアウトドアライター。日本で編集プロダクションに勤務後、結婚でアメリカへ移住。週末問わず愛車ラングラーで愛猫とともにキャンプやオフロードに向かう。趣味はビンテージのアウトドアギア収取。
http://kana-funatsu.com


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年3月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「5インチ電子メモパッド付き計算機」、特集は「ミニマルライフ&ギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。