小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これからのスマホ選びでは急速充電と省電力、どっちを重視すべき?

2023.01.30

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は、シャオミの最新スマートフォン「Xiaomi 12T Pro」を中心に、今後の注目となるスマホの最新バッテリー事情について話し合っていきます。

〝神ジューデン〟スマートフォン「Xiaomi 12T Pro」登場! ところで神ジューデンとは?

房野氏:シャオミのハイエンドスマートフォン「Xiaomi 12T Pro」が、ソフトバンクの“神ジューデン”ブランド第1弾として発売されましたね。

Xiaomi 12T Pro

石川氏:日本ではまだシャオミにブランド力がないので、充電速度にフォーカスして「神ジューデン」とわかりやすく名前を付けて売り出した。シャオミの人に話を聞いたところ、「昔『写メール』のようにキャッチーな名前を付けて流行った成功体験があるので、そこから着想を得た」とのことです。

 昨今、充電の速さを売りにしているのは中国メーカーのみ。中国メーカーのスマートフォンは、通信キャリアだとau、ソフトバンクからしかほぼ出ないので、「ドコモができないことをやった」という言い方はうまいなと。ただ、神ジューデンがどれだけ一般に受け入れられるかはわかりませんね。

石川氏

房野氏:神ジューデンという定義についてもご説明いただけますか?

石野氏:ソフトバンクとしては、「20分以内で1%から100%まで充電できる」と定義しています。Xiaomi 12T Proの場合は、120Wに対応して、19分でフル充電といっていますね。

 120W充電自体は2021年のモデルから対応していますが、そこを改めてフィーチャーして、ソフトバンクの力で広めたいというのがシャオミの狙い。ソフトバンクとしては、充電という新しい括りを作って普及させたい。

石野氏

房野氏:Xiaomi 12T Proを神ジューデンとして売り出そうと仕掛けたのは、ソフトバンク、シャオミのどちらなのでしょうか。

石野氏:神ジューデン自体はソフトバンクの商標ですね。神ジューデンブランドは第2弾、第3弾製品も発売予定で、次回以降のモデルはシャオミに限らないと話していました。石川さんのお話にあった写メールみたいに、メーカーに限らず発売されると思います。

 充電機能自体は中国で盛り上がっていて、120Wを超える製品も出てきてはいますけど、日本市場でどこまで充電速度が重視されているのかが、いまいち見えてこない。

法林氏:何が起きているのかを紐解くとすごく単純な話。もともと、持ち歩いたり家で使えるレベルの充電器は出力が低かった。技術が進歩して、小さいサイズのACアダプターでも出力が上がってきたので、スマートフォンに同梱しやすくなっている。

 もう1つは、電圧を高く設定して充電すると、どうしても熱を発生するので、熱のセンサーをスマートフォン内部に配置して制御する必要がある。実はこの技術は、他メーカーでも数年前から実装していて、その延長線上にある。突然シャオミがすごい製品を出したというわけではありません。

法林氏


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年5月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「Bluetooth対応リズムライトスピーカー」、特集は「ChatGPT/Bing/Google Bard AI検索超活用術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。