小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

史上最多172ゴール、SNSの累計リーチ2620億、数字で振り返るFIFAワールドカップカタール2022

2023.01.26

開幕戦は5億5000万人強、決勝戦は全世界の約15億人のファンが視聴

2011年にカタール国によってFIFAワールドカップ2022を主催するために必要なインフラストラクチャと開催国としての計画と運用の提供を担当するために設立された「Supreme Committee for Delivery&Legacy(伝送と遺産の最高委員会)」は、大会終了から1か月経過した「FIFAワールドカップカタール2022」について、新記録など数字に関するデータを公開した。

まず2022年12月18日に開催された激闘の決勝戦となったアルゼンチン対フランス戦では、8万8966人の観客がルサイル・スタジアムに詰めかけ、世界中で約15億人が試合を観戦。

そしてFIFAワールドカップカタール2022には約50億人がエンゲージし、世界中のあらゆるプラットフォームやデバイスで大会関連のコンテンツをフォロー。Nielsenの調査によるとSNSでは、すべてのプラットフォームで9360万の投稿があり、累計リーチは2620億、エンゲージメント59億5000万におよんだ。

スタジアムに詰めかけた340万人(2018年のロシア大会では300万人)の観客が歴史的な大会に熱狂。大会史上最多となる172ゴールを記録し、総得点は、171得点だった1998年のフランス大会と2014年のブラジル大会を上回った。

サッカー界のスタープレーヤーたちの顕著な貢献も見られた。クリスティアーノ・ロナウド選手は、大会史上初の5大会連続(2006 年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会、2022年カタール大会)で得点を記録し、リオネル・メッシ選手は、FIFAワールドカップでベスト16決定戦が導入された1986年メキシコ大会以降初めて、決勝トーナメントにおいて4試合連続でゴールを記録。さらにメッシ選手は、決勝戦がW杯通算26試合目となり、ローター・マテウス(ドイツ)の記録を抜いて歴代最多になった。

今大会での最速ゴールは、カナダ代表のアルフォンソ・デイビス選手がクロアチア戦でゴールした68秒。わずか18歳110日でゴールを記録したスペイン代表のガビ選手は、1958年のペレ以来、最年少のゴールスコアラーとなり、7-0で勝利を飾ったコスタリカ戦で見事なゴールを決めた。

ステファニー・フラパール(Stephanie Frappart)氏は、FIFAワールドカップ史上初めて主審を務めた女性になった。副審を務めたネウザ・バック(Neuza Back)氏、カレン・ディアス(Karen Diaz)氏とともに初めての全員女性の審判トリオで試合を担当した。

8つのグループステージを首位で通過したチームは、4つの違ったサッカー連盟からなり、これは20年ぶり史上3回目(1986年メキシコ大会、2002年日韓大会、2022年カタール大会)。アジアサッカー連盟(AFC)の3チームがベスト16に進出したのは、FIFA ワールドカップ史上初だった。

FIFAワールドカップカタール2022は、モロッコがアフリカのチームで初めて準決勝に進出。その驚く活躍は中東とアラブ世界を結束させた。

ドーハで開催されたFIFAファン・フェスティバルには185万人が来場し、FIFAワールドカップの9曲の公式サウンドトラックのひとつ『Tukoh Taka』は、YouTubeで4億5000万回再生された。

全てのグローバル、地域のスポンサーシップパッケージは完売し、32の商業関連会社が600を超える独自のマーケティングプログラムを実行した。

舞台裏で大会をサポートしたスタッフの驚くべきハードワークなしに、この大会を実現することはできなかったという。FIFAワールドカップカタール2022は、150の国籍から選ばれた2万人のボランティアによって支えられた。ボランティアの年齢は18歳から77歳で、1万7000人のボランティアがカタール居住者で、3000人は外国からのボランティアだった。合計18万人がFIFA ワールドカップの成功のために従事し、その内1万を超えるメディア関係者がサッカーの歴史が作られたさまざまなシーンを世界に伝えた。

今回の大会は、労働者の福祉とサステイナビリティの分野で多くの「史上初」を実現。バリアフリーの取り組みは、インターネットを通じて世界中の視覚障害者や弱視のファンに音声解説を提供した最初のFIFAワールドカップで、サービスは英語とアラビア語で提供された。3つのスタジアムでは、聴覚、視覚などの感覚過敏の症状のあるファンのためのセンサリールームが設置され、すべての試合会場はアクセスしやすい駐車場や座席、トイレ、売店などが厳格な利用基準に基づき建設された。

関連情報(英文)

https://digitalhub.fifa.com/m/546158158e52f1c9/original/The-FIFA-World-Cup-Qatar-2022-in-numbers.pdf

構成/KUMU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。