小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中華圏の不動産投資家が狙うエリアランキング、1位は東京、2位は?

2023.01.21

今も昔も投資対象として人気の不動産。では、中華圏の投資家たちは日本の不動産にどれほどの魅力を感じ、主にどのエリアに狙いを定めているのだろうか?

GA technologiesのグループ会社である神居秒算はこのほど、中華圏の日本不動産プラットフォーム「神居秒算」にて不動産投資に関心がある中華圏の投資家100名を対象に「日本不動産への関心と購入意欲」について意識調査を実施し、その結果を発表した。

「海外への渡航が可能になれば、日本の物件を見に行く」と89%が回答

「海外への渡航が可能になれば、日本の物件を見に行くか」という質問に対し、89%が「物件を見に行きたい」と回答した。

1月8日に中国政府は新型コロナウイルス対策を抜本的に緩和、中国オンライン旅行会社大手、携程集団(トリップドットコム・グループ)によると、21~27日の春節(旧正月)の大型連休における海外旅行予約件数が前年の春節と比べ6.4倍に増え、日本は行き先の第3位にランクインした。今後、中国から日本への渡航が可能になり、日本に物件を見にくる人が増加する傾向があることがうかがえる。

日本の不動産投資における予算について、「1,000万円〜3,000万円」が34.7%と最も多く、以下、「1,000万円以下」が26.7% 、「3,000万円〜5,000万円」が20.8%と続いた。

現在購入を検討している投資用物件のエリア1位東京、2位北海道、3位京都と大阪

「現在検討している投資用物件のエリア」について質問したところ、「東京」が47.5%、「北海道」が19.8%、「京都」 「大阪」が14.99%という結果になった。「福岡」は2%と人口が多い都道府県に人気が集中していることがわかる。

関心がある投資物件の種別に関して質問したところ、「1K/1R」という回答が40.6%にのぼった。次いでビル一棟が28.7%、タワーマンションが12.9%という結果になった。

また、日本の物件に投資したい理由について質問したところ、「安定した収入」が33.8%、「利回り」が32.5%となった。

一般財団法人日本不動産研究所が2022年5月に発表した、第18回「国際不動産価格賃料指数(2022年4月現在)」の調査結果から、世界の主要都市に比べ東京のマンション/高級住宅価格が割安な一方で、賃料はロンドン、ニューヨーク、香港、シンガポールに次いで高いことがわかっている。

<調査概要>
調査時期:2022年9月6日(火)~ 2022年11月21日(月)
調査対象:神居秒算ユーザーの男女100名
調査方法:インターネット調査

出典元:株式会社GA technologies

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。