小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドル円レートが1%変化した場合、日経平均株価はどれくらい動くのか?

2023.01.22

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「日経平均株価の為替感応度」と題したレポートを発表した。レポートの概要は以下のとおり。

重回帰分析により日経平均の変化率をドル円レートとISM製造業景況感指数の変化率で推計

今回のレポートでは、日経平均株価の為替感応度を検証する。具体的には、ドル円レートが1%変化した場合、日経平均株価は何%変化するかについて、重回帰分析という統計手法を用いて推計する。推計期間は2002年12月から2022年12月までとし、日経平均株価、ドル円レートに加え、米サプライマネジメント協会(ISM)が発表している製造業景況感指数を使用する。

実際の推計にあたっては、日経平均株価とドル円レートは、いずれも月末値の前年比変化率を用い、ISM製造業景況感指数も前年比変化率を用いる。

重回帰分析によって、ドル円レートの変化率と、ISM製造業景況感指数の変化率で、日経平均株価の変化率をどの程度、説明できるのかを確認する。ここで、ドル円レートとISM製造業景況感指数を説明変数、日経平均株価を被説明変数という。

日経平均はドル円の1%上昇で約1.3%上昇、ISM指数の1%上昇で約0.8%上昇との結果に

推計結果は図表1の通り。日経平均株価の変化率の推計式は、定数5.264795、係数1.292189×ドル円レートの変化率、係数0.810085×ISM製造業景況感指数の変化率で表されている。

ドル円レートの係数1.292189が、日経平均株価の為替感応度であり、ドル円レートが前年比1%、ドル高・円安方向に変化すると、日経平均株価は前年比約1.3%上昇する関係が示されている。

逆に、ドル円レートが前年比1%、ドル安・円高方向に変化すると、日経平均株価は前年比約1.3%下落すると推計される。また、もう1つの説明変数である、ISM製造業景況感指数についても、同じことがいえる。

すなわち、ISM製造業景況感指数が前年比1%上昇(改善)すると、日経平均株価は前年比約0.8%上昇し、逆に前年比1%下落(悪化)すると、日経平均株価は前年比約0.8%下落すると考えられる。

2変数で日経平均の変化率を説明できる割合は約62%だが変化のおおまかな方向性は説明可

なお、推計式の定数と2つの係数について、それぞれゼロという帰無仮説は、t値とp値が示す通り、1%有意水準で棄却されるため、いずれも統計的に有意といえる。

また、推計にあたっては、系列相関(誤差項の相互相関)と不均一分散(誤差項の分散が不均一)を想定し、Newey-Westの標準誤差を用いている。さらに、ドル円レートとISM製造業景況感指数に多重共線性(説明変数の相互相関)のないことは、別途検証済みだ。

最後に、推計式の自由度修正済み決定係数をみると、0.621312となっている。これは、ドル円レートとISM製造業景況感指数の変化率で、日経平均株価の変化率を約62%説明できることを示す。

つまり、他の要因が約38%あることから、この推計式だけで、日経平均株価の変化率を完全に説明することは困難といえる。ただ、過去の動きをみる限り、おおまかな変化の方向性は説明可能と思われる(図表2)。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。