小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スタンフォード大学の教授が指南!重要な局面や難題をユーモアで切り抜ける方法

2023.01.23

ユーモアの不足は全世界共通

本田技研工業の創業者・本田宗一郎氏は、かつて「日本人にはユーモアがない」と一喝した。本田氏の言うユーモアとは、「相手と付き合うときの余裕であり、相手を惹きつける言葉」。

そんな、機知に富むユーモアの才があるかと言われて、自信をもって「はい」と答えられる日本人は、現在も少ないかもしれない。

では、ほかの国の人々にユーモアがあるかといえば、そうでもなさそうだ。166か国140万人を対象にしたギャラップの調査では、笑ったり微笑んだりする回数は23歳ごろから急激に減り始めることが判明している。

ちょうど社会人になるタイミングで、ユーモアのセンスは脱ぎ捨て、代わりにスーツとネクタイに身に包んで、プロ意識とやらを持ってしまうわけだ。

でも、その過剰とも言える生真面目さは、本当に必要なものだろうか?

「私たちの職場には、もうこれ以上“プロ意識”など必要ない」―そう訴えるのは、スタンフォード大学ビジネススクールのジェニファー・アーカー教授。

同ビジネススクールのナオミ・バグドナス講師との共著『ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義』(神崎朗子訳、東洋経済新報社)で、アーカー教授は、「それより必要なのは、もっと自分らしく振る舞うことや、もっと人間らしいつながりだ」と説いている。そのための最強の武器が、ユーモアというわけだ。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。