小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ウェルビーイングな職場づくりに作業療法士が関わることができる理由

2023.01.19

ウェルビーイングとは、「心身共に健康で幸福」と訳される。そんな職場づくりの実現に、作業療法士が深く関わることができるという。その手法や効果の根拠について、株式会社オキュラボの森島肇氏に聞いた。

その人の人生や生活に意味を取り戻すことを支援する職業

作業療法士の認知度は決して高くない。「理学療法士と何が違うの?」などはお約束の疑問であり、一般的にはリハビリを支援してくれる人くらいの認識がほとんどだ。それがなぜ幸福な職場づくりに関係しているのか? この疑問を解決するには歴史を知る必要があると森島氏。

作業療法は16世紀頃が起源とされ、当時は社会的マイノリティや精神障害者の社会生活復帰や再建、環境調整や仕事の提案を行う職種として生まれた経緯があるからだ。そして、人々のモチベーションや精神的支援を行いながら本人や環境にアプローチし、その人に「役割」などで自己肯定感や有能感を持たせ、自身の生活や人生の意味を取り戻すサポートを行なう。

つまり、作業療法士は「人生に意味を取り戻すために必要な哲学や倫理、方法論などを研究し包含した職業」ということになる。

作業療法士による奥深いリハビリの世界

作業療法士の多くが病院や介護保険施設でリハビリを担当しているのは事実だが、その内容は多岐に渡る。たとえば疾患などより障害を患った人の生活再建支援。身体だけでなく、精神障害や発達障害に対しての生活方法の提案やマインドセット。訪問による自宅での生活支援も増えている。

学校や放課後デイサービスでは、集団生活や自分の身の回りを整えることが難しい子どもたちの生活上の発達促進、生活促進リハビリ、学校コンサルも行っている。近年は行政や健保組合と共に、街づくりの提案から企業の健康支援に関わる事例もあり、単なるリハビリ支援の枠を飛び越えた活動も注目され始めている。

そこで森島氏は、自身が長年精神分野や障害者支援に関わってきた経験を生かし、企業の人的資本経営をサポートする会社を2023年1月に立ち上げた。

メンタルヘルスによる損失を減らす

森島氏が重視するのは、企業活動におけるメンタルヘルス対策だ。うつ病、セクハラ、パワハラなどによる損失は計り知れず、離職者一人当たりの企業損失は1000万円以上ともいわれる。

日本では2020年6月、改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)の施行にともない、大企業でのハラスメント相談窓口の設置が義務化され、2022年4月から中小企業も対象になった。とはいえ、実際に相談窓口を設置している企業は少ない。しかも、担当が内部スタッフだと心理的安全性が得られず利用されにくい問題がある。

そこにまずは外部スタッフとして関わり、作業療法により生活コントロール力を高め、自分主体の人生を送ってもらうサポート体制を提供することにしたわけだ。

産業保健との違いはジェネラルな視点

参考までに、企業の身体的、精神的サポートは、医師や保健師、看護師が関わる産業保健でも行われている。作業療法士が関わることとの違いを問うと、「心身の健康を診る専門性はあちらが長けています」としながらも、「作業療法士はたとえ治癒が困難な障害を持っていたとしても、その活かし方、補い方を考えます。その人が持っている長所を最大限に活かし、短所を最小限にする生活や環境デザインを行ないます」と森島氏。

「私達の目的は作業療法による社会的公正の実現です。その為に職場で働く人々へアプローチしていきます。現在働いている30~50代の方々が将来に希望を持ちながらイキイキと働き、リタイア後も有意義に生活ができれば、その背中を見ているZ世代、α世代も主体的に社会に羽ばたくことができるようになってくると思います」
とも付け加えている。

終身雇用、年功序列、社畜的慣習…。古くから続いた日本の企業体質は、コロナ禍もあり大きく変わり始めている。何かしらの問題を抱えながら働き、企業内で才能を生かし切れていない人材も多い。

そこに作業療法の視点が生かし、生産性を向上させるたうえで、企業も人も幸せにする取組みは、長らく続くコロナ禍のストレス社会にも、十分対応できると思われる。事実、すでに人材派遣や転職関連の企業からの問合せもあるようで、今後の展開を興味深く見守りたい。

参考までに、提供するサービスイメージも最後に紹介しておこう。

取材協力 森島肇
作業療法士/オキュラボ代表取締役 https://www.occulabo.co.jp/
国立の精神医療センターにて各種のデイケアを担当後、訪問看護ステーションでの訪問リハビリや地域コミュニティデザインなどを手掛け、2023年に自らの思いを実現するため、持続可能なウェルビーイングのある人的社会資本社会をデザインするオキュラボを設立。

取材・文/西内義雄


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。