小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

平均年収は750万円!人気職種「データサイエンティスト」の仕事内容と求められるスキル

2023.01.18

現在、ビッグデータを分析して企業の経営戦略に活かしていく「データサイエンティスト」に注目が集まっています。近年、AIの発展によってビッグデータを活用した機械学習が取り扱えるようになった一方で、データを扱える人材であるデータサイエンティストが不足していると言われています。

しかし、データサイエンティストとはどのような役割なのか、そもそもなぜ注目されたのかが分からない方も多いでしょう。

この記事では、データサイエンティストについて解説します。

データサイエンティストとは

データサイエンティストとは、合理的な判断をおこなうために必要となるさまざまなデータを分析する人のことです。意思決定時には、担当者の経験や勘を頼りにするのではなく、さまざまなデータをもとに算出したほうがより精度の高い判断をしていけます。データにもとづいた判断をしていく組織を「データドリブン」な組織とも呼びます。

データドリブンな組織を目指すためにも、重要な役割を担っているのがデータサイエンティストです。

データサイエンティストが注目された背景とは

そもそも、データサイエンティストに注目が集まった背景には、主に以下の3つが考えられます。

・ビッグデータの活用が進んだ

・SaaSの導入が増えた

・AIの進歩

ビッグデータの活用が進んだ

ビッグデータとは、名前のとおり大量のデータを表します。

近年は企業で扱うデータの量が増えているため、適切な管理をしていく必要があります。管理ができてないと、データ活用がスムーズに進みません。データサイエンティストは、ビッグデータを活用するための基盤を整えるために重要な役割を担っています。

SaaSの導入が増えた

SaaS(Software as a Service)とは、利用者がサービス利用に集中できるシステムの提供形態です。自社で運用するシステムと違い、サーバーのメンテナンスやアプリケーションのバージョンアップなどを提供する業者に一任できるため、運用負荷の軽減につながり、多くの企業で導入が進んでいます。

SaaSの導入が増えることで、データ収集もしやすくなりました。SaaS同士のシステム連携がしやすく、APIなどの活用によってデータ連携もスムーズに実装できるため、データ分析にも取り組みやすいです。こうしたデータの連携を実現するためにデータサイエンティストの力が必要となります。

AIの進歩

近年は、AIや人工知能を活用したシステムが多く誕生しています。

そんなAIの実装に欠かせないのが学習データです。AIの実装時には膨大なデータを学習させ、少しずつ精度を向上させていく必要があります。データ量が少ないと、共通している事柄を導き出せないため、AIの精度が低くなるでしょう。データサイエンティストは、こうしたAIに学習させるためのデータ整備なども担当します。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。