小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

情報収集、アフター5の過ごし方、ネタの仕込み、開発担当者が実践すべきヒット商品を生み出す時間の使い方

2023.01.24

ヒット商品開発者の心得に関する記事を@DIMEの中から厳選して紹介します。

ヒット商品開発者の心得

企画の仕事は即行動することから!仕事が終わって寝るまでの時間が商品開発担当者にとってのゴールデンタイム

この「5時から充電」というコピーで「5時から男」というCMを思い浮かべた人は多分50代以上の方でしょうか? そう、とある商品のCMで有名なコピーですが、この「5時から男」、私は大好きです。もちろん5時までも、仕事をしっかりした上での話ですが(笑)

【参考】https://dime.jp/genre/1501190/

商品企画担当者はおさえておきたい「情報収集」のチェックリスト

狙うべき分野を明確にするために、まずは市場の探索から始めます。ここでは、市場探索の仕方をまとめてお話しします。  最近では、インターネットの普及により、どこにいても最新の情報を手に入れられるようになり、世間の流行り廃りやトレンドチェックもとても簡単になりました。  また、FacebookやLINE等の出現により、仲間同士の情報共有もリアルタイムで行われています。

【参考】https://dime.jp/genre/1501182/

商品開発者なら常に考えておきたい「ブランドエクステンション」のメリット

商品開発を進める場合、早い段階から「商品群」のイメージを持っておくことは、とても大切なことです。もちろん、単品の商品よりも、何品も発売できた方が売り上げも期待できますし、1品しか発売導入できなくても、いずれ必ず、商品の改良・改善が必要になってきます。

【参考】https://dime.jp/genre/1502912/

商品開発担当者に必要なのは「ネタの仕込み」にこだわる執念

グリコ時代に、CDをおまけにした食玩を創ったことがあります。大ヒットした「タイムスリップグリコ」のシリーズとして、昔の歌謡曲のシングルレコードを小さくミニチュア化した形状の青春のメロディーCDを作ったのです。この商品は担当者と私、それに一緒に企画協力してくれた社外スタッフも「こだわり抜いた」商品でした。

【参考】https://dime.jp/genre/1502939/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。