小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

水俣問題、意識の高い系の転落、リベンジポルノ、人生を考えさせられる傑作ドキュメンタリー3選

2023.01.19

ドキュメンタリーに関する記事を@DIMEの中から厳選して紹介します。

ドキュメンタリー

リベンジポルノの王を倒せ!被害者男女と家族の戦いに密着したNetflixのドキュメンタリー番組「インターネットで最も嫌われた男」

復讐(リベンジ)の手段として、他人の性的な画像・動画を無断でインターネット上に公開する”リベンジポルノ”。 一度投稿されると凄まじいスピードで拡散・保存され、完全に削除することが非常に難しくなるため、国内外で社会問題となっている。 2022年7月27日よりNetflixで独占配信中の『インターネットで最も嫌われた男』は、アメリカで製作されたドキュメンタリー・シリーズ。 製作総指揮は、『スポーツ界の闇: 八百長に手を染める人々』『殺人犯の視聴率』などを手がけたアレクサンデル・マレンゴ。

【参考】https://dime.jp/genre/1440922/

ヴィーガンの女王が不思議パワー男にハマって転落していくNetflixドキュメンタリー「バッド・ヴィーガン: サルマ・メルンガイリスの栄光と転落」

時代の最先端を行くお洒落なヴィーガン・レストランを経営していた女性は、なぜ怪しい男に溺れて転落していったのか……? 2022年3月16日よりNetflixで独占配信中の『バッド・ヴィーガン: サルマ・メルンガイリスの栄光と転落』は、アメリカの犯罪ドキュメンタリー・シリーズ。 Netflixの人気ドキュメンタリー『タイガーキング』のクリス・スミスが製作。

【参考】https://dime.jp/genre/1356331/

水俣問題はまだ終わっていない…ロンドンの映画祭が土本典昭監督のドキュメンタリー作品で閉幕した理由

9月7日にロンドンで開幕したオープンシティ・ドキュメンタリー映画祭が、13日に土本典昭監督(1928-2008)『不知火海』(1975)で閉幕した。 閉幕映画が旧作なのは珍しいが、この上映は9月1日から25日まで続く土本典昭監督特集の一部でもある。  土本監督の著書『映画は生きものの仕事である 私論・ドキュメンタリー映画』から、特集は『Tsuchimoto Noriaki: Film is a work of living beings』と題されている。土本作品は発表当時から海外でも上映され、高く評価されてきた。

【参考】https://dime.jp/genre/1470153/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。