小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2023年の干支「うさぎ」を社名に冠する企業は全国に何社ある?

2023.01.14

卯年に創業した企業は全国で11万6434社

2023年の今年は卯年。年賀状をはじめとして、年明けしばらくは、うさぎのイラストやウサギをモチーフにしたアイテムを目にする機会が増えることだろう。

うさぎは古くから縁起が良いとして多くの場面で登場する動物だ。元気に飛び跳ねる姿からは飛躍が想像され、他にも繁殖能力の高さから子孫の繁栄、ピンと立った耳から情報のキャッチ、さらに月影がうさぎに見える風習から「月=ツキ」を呼ぶ…など、挙げれば枚挙にいとまがない。

また、1300年以上も前に編纂された日本最古の書物『古事記』の一節「因幡の白兎」も有名で、縁結びの動物として扱われている。

帝国データバンクのデータベースでは、卯年に創業した企業は全国11万6434社が確認された。最も多いのは48周年(1975年/昭和50年創業)で2万2359社となり、人間でいう「還暦」で60周年(1963年/昭和38年)を迎えるのは1万6062社となった。

また、業歴100年を超える老舗企業は1834社で全体の1.6%を占め、120周年の「大還暦」は415社が判明した。ピョンピョンと跳ねるうさぎのような成長が期待される「卯年企業」には、どのような特徴があるのだろうか。

以下、帝国データバンクによる「『卯年』生まれ・『うさぎ』にちなんだ名を冠する企業の分析調査」の結果を紹介する。

<売上高別> 9割以上が10億円未満、1000億円以上は全体のわずか0.1%

「卯年」企業を売上高別にみると、56.0%が「1億円未満」となった。次いで「1~10億円未満」が35.8%と多く、10億円以上の企業は8.2%となった。

わずか0.1%となった「1000億円以上」の140社の内訳をみると、関西電力(72周年)などエネルギー系企業が数多く並ぶ。また、東京海上日動火災保険(144周年)など保険業も多く、髙島屋(192周年)など知名度の高い小売業もみられる。

<社長年齢別> 周年ごとに社長は高齢化、特に48周年は約半数が70歳以上

社長年齢別でみると、12周年・24周年では50代がそれぞれ3割台で最も割合が高い。周年を重ねると、36周年では7割が60歳以上となり、48周年では70歳以上が半数に迫るなど社長の高齢化が進む。一方で、60周年、72周年となると小幅ながらも「若返り」がみられる。後継者への事業承継が行われるタイミングであることが背景にあると考えられる。

<還暦企業> 60、120…「周年×卯年」企業は1万6512社

60年で干支が一回りして「還暦」を迎える企業は、周年も同時に迎える大きな節目となる。そうした還暦企業は最長420年の5社を含めて1万6512社が確認された。還暦(60周年)が最多の1万6062社となり、大還暦(120周年)は415社だった。

2022年は東京ドームシティ内にある「後楽園ホール」が開場60周年を迎え、記念イベントが開催されるなど祝賀ムードに包まれた。こうした催しは2023年も各所で行われるかもしれない。

「うさぎ」にちなんだ名を冠する企業、243社が判明

社名に「うさぎ」に関連する社名を冠する企業は243社確認された。最も多いのは漢字表記の「兎/卯」が99社で、全体の40.7%と最多となった。なかでも代表的なのは、外食チェーンとして全国に400店舗以上を構えるなか卯(東京都港区)。

「卯」の文字が観音開きを連想させること、うさぎのように飛躍し繁盛できるようにという縁起を担いだ由来がある。また、看板商品「うどんすき」を軸に関西圏に展開する美々卯(大阪市中央区)は創業から100年近くとなる。

次いで「ラビット」など外国語を取り入れているのは82社(構成比33.7%)で、車買取店「ラビット」を展開するラビット・カーネットワーク(東京都千代田区)が代表的。

他にも、子うさぎを表す英語の「Bunny」、フランス語の「Lapin」などを冠する企業も確認された。ひらがな・カタカナ表記の「うさぎ/ウサギ」では62社(同25.5%)を数え、東海・関東地方で薬局や介護関連事業などを手掛けているうさぎ薬局(静岡県伊東市)などがある。

企業名だけではない?商品のモチーフなどにも数多く登用

「うさぎ」を重用するのは企業名だけではない。お菓子やキャラクターなどのモチーフとして数多く使用されており、例えばプロ野球・讀賣巨人軍のマスコット「ジャビット」はその代表例。また、東証プライム上場の日本曹達(東京都千代田区)では企業ロゴマークにうさぎが用いられており、創業間もない頃のエピソードにうさぎが登場することや、「山を駆け上がることに長け、下ることを苦手とする」(同社HPより)ことを理由としている。

2023年は、十干と十二支で60通りある「六十干支」のなかで「癸卯」にあたり、「癸」は十干で最後となることから、終わりとともに生命が誕生する状態を意味しているともいわれる。新たな芽吹きとともに、うさぎのごとくジャンプアップする企業が数多く表れることに期待したい。

出典元:帝国データバンク

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。